投稿カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

太陽活動

ディップメーター おおよその設計が完了する

 長い間暗礁に乗り上げていたディップメーターですが、ようやく完成の目処が付きました。

 途中で躓いていたところなのですが、コイルとコンデンサーで発振するところまでは上手く行ってました。しかし、一段エミッター接地で増幅を掛けても全く増幅してくれないところから泥沼にハマっていきました。左のキャプチャーですが、これは電圧を補正して表示したものです。当初は28mVと表示され、全く増幅していない様に見えました。ところが、低い周波数を増幅した時に右のような波形になり、どうやら電源圧いっぱいまで増幅が成功していると確信したのです。

 何の事はない、プローブが100xのものを使っていたので、表示される電圧が全部1/100になっていただけなのです。もちろん、プローブにそのような働きがあるのは知っていましたが、めったに使わない機械なので、すっかりこのことを忘れており、「100倍ぐらい増幅できるはずなのになぁ」と、頭を抱えていたわけです。ココに貼り付けている画像は、その100xの補正をかけた画像というわけです。

 また、ブレッドボードのプロトタイプをやめて、LTspiceによるシュミレーターに移行し、最適なパラメーターを探る手法に替えました。おかげて、いろいろなケースを事前に知ることができる様になったのです。当たりをつけた後は、生基板を特殊なPカッター(この特殊なPカッターは、時期が来ればお話しようと思います。ただ言えることは、「いつまでも切れ味が鈍らない魔法のPカッター」とだけ伝えておきます。)で切手の半分のサイズに発振回路と増幅回路を押し込んだところ、200MHzは軽く超えるものが出来上がりました。正式な基盤では250MHz~300MHzを目標において作っていこうと思います。基盤作成前に、ブログで回路図も公開したいと思います。

 倍電圧検波でA/DコンバーターにかけてOLEDによるパワー表示を行なっています。表示は滑らかで、ディップがわかりやすいようになりました。周波数測定は、一旦MOS-FETのスイッチング回路を通して、PICで計測することになります。60MHzまでは表示可能になると目論んでいます。CPUのクロックにSEIKOの温度補償の20.000000MHzを使っており、精度を高める工夫を行っています。VHF~UHFあたりは、目盛りを振ってもらっておおよその周波数を知ることになります。

 ディップメーターが完成すれば、トラップコイル作成と新スポット溶接機の設計が始まります。すでに準備は進んでおり、使用するPICの選定も終わっています。これらが終われば、梅雨時期には小型トランシーバーの設計が始まりそうです。

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その3

 

周辺部の描写を比較します。

 

 

 

 

 

CarlZeiss Distagon 2,8 ZS F2.8 s1/1600 iso100

 

 

 

 

 

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

Zeissの色収差が気になります。しかし、等倍に拡大しないと気が付かない範囲です。解像はZeissが良好です。コントラストもZeissに軍配が上がります。

 

細かいことを見比べましたが、どちらのレンズも収差や歪は殆ど無いです。ピントのあった部分の解像は甲乙つけがたいレベルで、2017年に発売されているカメラの要求を十分満たす性能を持ち合わせています。

 

Zeissの方は単焦点で若干F値が大きく暗めなレンズ。像はやや青みがかる傾向です。レンズはコンパクト。マニュアルフォーカス。ピンのあったところの解像は優秀です。

SigmaはズームレンズでF値が小さく明るいレンズ。自然な色の再現性。レンズはとても大きい。

 

このことから、Zeissを選ぶ理由は、「このレンズでないと撮れない画がある。」という時でしょう。Sigmaはどんな要求にも高い次元で応えることができるオールマイティーなレンズと言えます。どちらかを選ぶとしたら、迷わずSigmaになります。ただ、Zeissが劣るとかの問題ではなく、Sigmaのズームレンズがすごすぎると言ったほうが合っていると思います。

まあ、重箱の隅をつつくような事をしました。そもそも単焦点とズームレンズを比べることが無茶でしょう。

今手に入るSigmaのArtラインを揃えていけば、間違いは無いと言えます。

SIGMA 18-35mm DC Art と CarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

SIGMA 18-35mm DC Art と CarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1

Skypeのアカウントを乗っ取られてしまう

 先日、Skypeに登録してあるアドレス先にSpamが送信されてしまいました。Spamに書かれてあったアドレスは、Baiduのサイトでした。中国人の仕業でしょうか。

 Skypeは最近使っておらず、送信された時間もUbuntuで書類作成を行っていただけで、立ち上げてはいませんでした。

 最近のSkypeはアカウントがMicrosoftに関連付けられているのですが、ずい分昔にアカウントを作ったままほったらかしにしていたので、そのアカウントが狙われたようです。ただ、他でも使われていたユーザー名とパスワードだったので、どこかで情報が漏れたのでしょう。最近はそのパスワードも使っていないので、重大な問題が生じることは少ないとは思いますが、とりあえず重要なアカウントは、今回のSkypeも含めて長い文字列に変更することにしました。

 古いアカウントはどこでどのように漏れるかわかりません。気をつけてください。

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

中心部の描写を比較します。

 

 

 

 

 

 

 

 

CarlZeiss Distagon 2,8 ZS F2.8 s1/1600 iso100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

若干ではありますが、Zeissの方が描写が良さそうです。が、誤差範囲内です。普通、こんなとこまで見ません。ピントが僅かにずれていただけかも知れませんし。

映画のお話

子供の頃「ターミネーター」を観て怖い思いをしたのを覚えています。

そして、「ダイ・ハード」を観て度肝を抜かれた。とても居心地の良い映画でした。

「ロボコップ」の復讐劇も衝撃的だった。

「ターミネーター2」を観た時、CGは凄いんだなあと思った。

「リーサル・ウエポン」、「マッドマックス」も衝撃的だった。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズも熱心に観た。

合間に宮﨑駿の映画を観た。ブルース・リー、ジャッキー・チェンの映画も食い入る様に観た。

「エイリアン2」の後半のロボットが戦うシーンが忘れられない。

まだまだ、子供の頃の僕自身に影響を与えた映画は沢山ありますが、この辺で。

ふるさと納税で色々と話題になっていますが・・・・

 Lenovo X260を返礼としてもらいました。せっかくなので、マシンを増強すべくハイブリッドHDDに載せ替えてバッテリーを増やしてなど、Ubuntuで使うには申し分ないほどに機能がアップしました。

 家用と外出用でACアダプタを使い分けようと探していたら、また詐欺サイト、ありましたよ。ここ、安くないのに詐欺サイトなんですよ。終わってますね。

http://www.denchiy.jp/

銀行:三菱東京UFJ銀行
支店名:淡路支店(店番号028)
口座番号:普通0100602
受取名:ライ ライ

瞬速で詐欺認定です。気をつけてください。

マジックで

Nintendoと書いてあるところが…面白い、納得されないでしょうね(笑)

Nintendo Switchを手に入れろ!

 息子があまりにも任天堂スイッチを買ってくれとうるさいので、しょうがなく秋月電子に行ってきて発売したばかりのモノを買ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納得していない様子でした。

 だろうな・・・・。

EFHW アンテナ・チューナー Ver.2 の頒布が始まりました

 コネクター周りに余裕ができて、ケーブルの取り付けが楽になりました。また、アンテナ線を取り付けるターミナルとして、ネジが追加されています。購入に関しては、頒布のページをご覧ください。

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1

 SIGMAのArtとCarlZeissの単焦点レンズ、どちらのレンズも素晴らしいです。比べること事態が野暮なんですが、なにせ高いレンズなので両方買ってしらべることは困難です。

 SIGMA 18-35mm DC Artは、もともとSD1 Merrillのために使っていたズームレンズ。CarlZeiss Distagon 2,8 ZSは、コシナが作っているM42マウントの単焦点レンズですが、最新のデジタルカメラのために昔のDistagonを再設計して精度を高めたものです。ただ、大元の設計は古いので、このレンズ特有のクセが残っているわけです。

 それでは、SIGMA quattro Hでそれぞれのレンズで撮った写真を載せましょう。

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

CarlZeiss Distagon 2,8/25 F2.8 s1/1600 iso100

 

 写真全体についてですが、色合いが違います。Zeissは周辺の青みがかりが強いです。もともと、このレンズは青みがかった写りが特徴なので、これについては納得でしょう。次は、細かな部分を見比べていきましょう。