投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

太陽活動

ある男のお話(企画書)

覚書

主人公のお葬式の場面から始まる。

お葬式の参列者は誰ひとりとしていない。(お坊さんが一人いるだけである)

(その主人公の死に顔にずっと画面がよっていく)

そして孤独な主人公の人生がオーバーラップされる。(父親、母親は先に亡くなっている)

主人公は、薄れ行く意識の中で、どうやら交通事故で死亡したことを思い出す。(闇の中へ。。。)

 

 

闇の中で気がついて起き上がった時、主人公は全く知らない土地で暮らしている。(起きた時1DKのアパートにいる)

主人公は今までの生活を悔やみ、一から人生を始めることを決意する。

人とのふれあいの中で主人公は徐々に回復していく。(続く)

 

 

企画書(メモ)こんな感じでお話を考えています。

バッテリー共同購入の進捗状況

 現在、10Ah, 20Ah, 65Ah全てのバッテリーが届いていますが、バッテリーコントローラーがまだそろっていません。4s, 8s, 16sの三種類をオーダーしていますが、4sの一部と8sは届いており、既に引き渡しが終了している方もいます。しかし、一部の4sをオーダーされた方と16sをオーダーされた方は、まだ注文が揃っていないので引き渡しが進んでいません。

 もうしばらくお待ちください。

 20Ahはまだ3個在庫があります。

 65Ahは4個在庫があります。

 アマチュア無線のコンテストで山に持って行って運用を考えている方は、ぜひ65Ah LiFePO4バッテリーを検討してください。 

バッテリーの方が先に到着しそう

共同購入のバッテリーですが、10Ahおよび20Ahが先に到着しそうです。

BMSは、バランサーとコントローラー及び温度センサー全部入りのものをなんとか探しました。バラバラで準備すると、配線が大変です。なにせ高い電圧と大電流を扱うので、余計な配線は事故の元と考えてシンプルなものを準備しています。

まとめて購入した関係で、LiFePO4 10Ahと65Ahの在庫が生じる予定です。常に在庫を置く予定はないので、欲しい方は早目に連絡を取っていただければと思います。

バッテリーの発注を行います(報告)

本日バッテリーの共同購入を行います。20Ahの人気が高かったです。オーダーしてから実際の発送まで、まだかなりの時間がかかることが予想されます。(海外の郵便事情のため)

バッテリー共同購入について 現状報告

 多くの方に共同購入に賛同いただきまして、まずはお礼申し上げます。

 現在購入に向けて業者の選定を行っています。価格と評判を慎重に見極めて絞っているところです。

 本当なら、既に確定申告による還付金が振り込まれるはずなのですが、今年は例年より遅いみたいで、振り込み待ちとなっています。(実は、これが本当の税務署が自ら行っている還付金詐欺ではないかと疑ったりもしている。)

 この還付を確認したところで購入に踏み切る予定です。購入に関する詳細な報告に関しては、共同購入の方に改めてメールでお知らせすることになっています。

 今のところ、希望しているバッテリーの購入は、予定通り手配するつもりです。

 詳細報告まで、今しばらくお待ちください。

ある同級生のお話(企画書)

小学生時代ーー主人公の男の子(活発でもてる)<ーーー女の子は主人公に恋をする
       主人公の男の子も女の子が気になっいる

高校生時代ーー主人公の男の子は性格は暗くなり物理学の勉強だけをする<ーーーそれでも女の子は男の子の事を好きでいる

大学生時代ーー女の子が新種のインフルエンザで突然亡くなってしまう<ーーー男の子はショックを受ける

 

男の子は更に物理学の学習に熱中し5年後にタイムマシンを完成させる

そして5年後の時代には女の子が感染したインフルエンザのワクチンが完成されている

男の子は女の子を助けるためタイムマシンでワクチンを持って亡くなった日の1週間前にタイムスリップをする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じでお話を考えています。忘れないうちに残しておきます。

PIC16F1827でPWMはできるっぽい

 先日仕事先で食事をしていたら、「ディアゴスティーニにやられた!」という被害を自慢しあう状況になりまして、「ディアゴスティーニ・ぷち被害者の会」が結成されました。創刊号に釣られて買ってみたものの、途中で投げ出した数々の雑誌が議題に上がり、大いに共感した次第です。

 そのうち、「大人の科学・ぷち被害者の会」も無事創設され、真空管ラジオが家に置いてあるだの、電子ブロックを買って家族に冷たい目で見られているだの、涙なしでは聞いていられない被害状況の数々が報告されました。

 以前PIC16F1827でPWMができないと書きましたが、タイマー2,4,6あたりを調べていくと、どうやら簡易ではありますがPWMが使える事がわかりました。spot溶接機はPIC16F1827かPIC16F1829で組み上げることとなりそうです。

ディップメーターのプログラムが、結構大変

 最近「デーモン閣下って何してる人なの?」と聞かれることがあり、もう、色々と説明するのが面倒になったので、「桃太郎電鉄で不幸を撒き散らしている人だよ。」と伝えると、意外とすんなり解ってくれるので良かったと思っています。

 ディップメーターについてですが、先日公開した回路図にはまだ問題がありまして、あのままではうまく動かないところがあります。ポートAに接続しているスイッチはうまく動きません。これは、ソフトウェアでポートAに対してプルアップをかけることを前提に回路を設計していましたが、PIC16F1827ではその機能がポートBにしか無いようです。その他、PIC周りで抵抗値を少し変えないとダメなようです。発振回路の方はあのままでいいと思っています。

 周波数カウントの方ですが、方法としては、TIMER1をカウンターとして用いて、TIMER2の割り込み処理でゲートの開け閉めを行う作戦でアプローチしました。しかし、表示が安定しません。大きくカウントが乱れるのです。色々と調べると、有機ELにデーターを送る(I2C)際に割り込み禁止を行っているらしく、しかもその時間がとてつもなく長いのでカウントが多くなったり、タイミングによっては少なくなったりしているのです。つまり、割り込みでゲートを開け閉めしても正確な時間は得られないことを意味しています。幸いPIC16F1827には自動でゲートを開け閉めするモードがあるようなので、それを使って計測を試みようと思いますが、それでもダメならめんどくさい方法を取らざるを得なくなります。あっさり動くと思ったんですけど、甘かったですね。

詐欺ですよ〜

http://www.tvcinemamediao.win

典型的ですね。

 

最近の北朝鮮の動向に対して・・・

 実は、結構リスクが高いと考えています。北朝鮮及びアメリカの両トップは、今までの思考パターンでは予測できない行動をとることが多々あります。今日も東京から離れて山奥に温泉につかりにいきましたが、その理由は報復攻撃に対する予防です。水と食料は多めに備蓄(約1ヶ月分)しており、車にも食料と水を1週間分備蓄してあります。雪道などで身動きがとれない場合を想定していますが、緊急時の食料とも考えています。ガソリンと灯油も備蓄しました。

 3.11の時も、大勢の人が動き出す前にメルトダウンの可能性を指摘して、同僚や部下に水・食料・燃料の購入と実家で待機するよう話をしたのですが、今は一匹狼で仕事をしているので、個人でほそぼそと準備しています。あの時は、手元に貯めておいたヨウ素剤を大事な人から優先的に配ったのを覚えています。

 知り合いの人から話を聞いたところ、横田基地での米軍の動きが今まで見たこともないものだと伺っています。

 これからやってくる、節目の日に関しては、妻と子供を実家に一時避難させることにします。まあ、風邪をひいたなど、適当に理由はつけておきます。これらの行動が、ただの笑い話で済めばいいのですが、集まってくる情報がとても不気味で、なるべく山の険しいところに身を潜めたほうがいいと思っています。