投稿カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

太陽活動

携帯よ、「君の名は」

iPhoneのバッテリー問題が騒がれている昨今、我が家のiPhoneもかなりバッテリーがヘタってきました。渡りに船とばかり、iPhone5を握りしめて「うちもバッテリー交換にいくべ!」と、勢いづいて近所のSoftBankに行ってきたのですが、全くの「想定外です!」が起こりました。(これ、古いよね?) そう、バッテリー交換ができるのはiPhone6以降からなのです。カミさんのiPhone5は対象外でがっかり。私のiPhone6は対象ですが、ミイラ取りがミイラになるように、プランの整理など行うことで今までの支払い料金のままで二人共iPhone Xに機種変更できることがわかりました。バッテリー交換する気満々でSoftBankに挑んだのに、結果はうまいこと店員に言いくるめられて、新しいiPhone Xを紙袋に引っさげて家路についたのでした。

いろんな規制もあるのでしょう、入店してから機種変更が終了するまで2時間近くかかりましたが、気を撮り直してiCloudに古い携帯電話のデータを移行し、新しい電話にバックアップからデータを移動。もう、疲れました。一通り作業が終了し、カミさんの携帯に電話したところ通話中。何かがおかしい。自宅の固定電話には繋がる。カミさんの携帯も私だけがつながらない。しばらく考えて、嫌な仮説が頭をよぎりました。

カミさんと私の携帯を入れ違えてバックアップから復元したのでは? この予想は大当たりでした。二人共同じスペースグレイのiPhone Xに機種変更をしたので、店員が気を利かし電話番号をかいた付箋紙を箱に貼ってくれたのですが、その付箋紙が間違って貼ってあったのです。

こうなると作業は振り出しに戻ります。私のデータを入れた携帯を初期化し、カミさんの携帯を初期化することになるのですが、ここでも「想定外」が! (やっぱり古いよね。) カミさんがAppleIDのパスワードを覚えていないと言い出すのです。つまり、初期化できない。

ここから2時間かけて初期化してデーターを書き込むわけですが、もう一日がこの一連の作業で潰れてしまいました。こういう作業は同時に行わないほうがいいです。やれやれ。

Related posts:

No related posts.

雑誌やネットでは色々書いていますが・・・

色々と絶賛されているGPD pocket(パソコン)とJelly Pro(携帯)ですが、このブログはどこからもお金を頂いていないので率直な意見を述べさせていただきます。

まず、GPD pocketですが、処理速度が低いため色々な作業が待たされます。これはアプリケーションのレベルではなく、OS自体が重いです。小さく作るため何らかのトレードオフは必要なのですが、Windows 10が思いの外パワーを要求するようです。Ubuntuをインストールすればいいのでしょうが、ちょっとその気力はありません。12月に届くと思われるGemini PDAに期待したいと思います。あと、バッテリーの持ちも悪いです。3~4時間程度でしょうか。ブラウジング・メール・テキストの打ち込みだけでしたらそれなりに持つと思いますが、それでも減りは早いと思われます。キーボードもちょっと癖があってなかなかしっくり来ません。やはりGemini PDAに期待です。

Jelly Proは大変良くできた小型携帯です。ロケットモバイルの神プラン(月額298円)でSkypeは問題なくできるし、サイマルラジオも途切れること無く聞けます。処理速度も素晴らしいです。しかし、唯一の弱点、バッテリーの持ちがあまりにも致命的です。半日持つかどうかという電池の弱さにがっかりしています。しかも、予想はしていましたが予備のバッテリーを中国から郵送することができないとのことで、今のところバッテリーの手配の目処が立っていません。(うまくやれば送付できるはずなのですが、そこら辺のノウハウが販売元に無いようです。)外付けのモバイルバッテリーを繋げて使うかどうか悩んでいますが、もともとiPhoneを持っているので、そこまでして使い続ける意義があるのか自問自答状態です。Gemini PDAがきたら、そちらにnanoSimを載せ替えて使うという将来像が既にできつつありますが・・・。やっぱり、Gemini PDAが本命ですかね?

Related posts: ぎっくり腰で寝込んでいる状態 Appleストア銀座に行ってきました Apple Watchとテスラ Apple Watch series 2を購入

LiFePO4 3.2V 10Ah, 30Ahセル共同購入の近況について

まず、10Ahのセルですが、購入に向けて業者の選定を行っています。1個1500~2000円を目標に調べているところです。ただ、今円安がかなり進行しているので、選定と為替相場をにらみながら購入時のタイミングを窺っているところです。

30Ahですが、購入予定の業者からの発送ができない趣旨の発表があり、どうにもならない状況に陥っています。アンペアあたりの単価が最も安いのが30Ahなので、このランクのLiFePO4電池が手にはいらないのは痛いです。発送できないのは、日本だけではなく世界中の取引先に発送できない状況らしく、単にショップがWebに登録する際にミスをしているだけかもしれません。こちらも取引再開次第、為替相場を参考に購入を行いたいと思います。

上記の状況から、10Ah 3.2VのLiFePO4充電池セルの購入が先行すると考えられます。また、安全装置と充電器も合わせて手配する予定です。近いうちにアナウンスしたいと思います。

Related posts: WWDCじゃ無いですよと・・・ とほほ ぎっくり腰で寝込んでいる状態 Appleストア銀座に行ってきました 13V 30Ah LiFePO4 バッテリー完成 LiFePO4 3.2V 30Ah 頒布します(予定)

iCloudの2ファクタ認証で、UbuntuとAndroidからメール受信できなくなる

iPhoneのアップデートの案内が昨日届き、夜中の間にアップデートするよう設定しました。

大変なのは、朝起きてからです。題名にあるとおり、UbuntuとAndroidのメールアプリでiCloudのメールが受信できなくなりました。大迷惑な話です。なんでiPhoneのアップデートに合わせて他のパソコンのメールが受信できなくなったのか、最初は皆目見当がつきませんでした。ググっても情報がないんです。しかも、iPhoneの動きがモッサリして遅い。何のためのアップデートだったのか。まるで不幸をまき散らしているかのようです。

そのうち、やたら2ファクタ認証で番号を送りましたというダイアログが出現するようになったのです。そう、この2ファクタ認証というアップルが勝手に作ったルールによって、メールの認証すらできなくなっていることがわかったのです。

そこで、ウェブからiCloudにログインし、アカウントの設定を変更することに。新たに「2ファクタ認証」の項目が追加されており、ここを無効にすると再びメールの送受信ができるようになりました。

でも、iPhoneの遅いのはそのままですけどね。新機種を買わせるための嫌がらせと理解しました。

みなさん、困ってませんか?

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました MacBook Pro Retinaの修理が完了 実はマンホールの蓋は・・・ まだサーバー入れ替えできず 久しぶりウイルスの活動を検知

久しぶりウイルスの活動を検知

先日は久しぶり100人突破しました。リファラスパムですね。で、日本からのお客様は変わらず30人程度です。

MacBook Retina 12インチのトラックパッドには感心させられます。物理的にはクリックしていないのに、カツンというリアクションが返って来るので本当に押し込んだように感じるのです。実はこの機能のお陰で、ドラッグがとても軽く行えるようになりました。今までのトラックパッドだと、強く押し続けないとドラッグを継続できないのですが、12インチのトラックパッドは軽く押してすべらせるだけでドラッグができてしまいます。このことってどこもあまり書いていないみたいだけど、とてもすごいことだと思う。

似たようなこととして、AppleWatchの通知の時にベル音と振動を用いると、本当に時計の中でベルを叩いて知らせてくれているような錯覚を起こしてしまいます。古い機械式時計の時報のようなやつですね。

本来の目的とは違うところで意外な使い勝手の向上があるんですよね。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました MacBook Pro Retinaの修理が完了 ぎっくり腰で寝込んでいる状態 MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook 12インチ Retina発表になりましたが・・・

ぎっくり腰で寝込んでいる状態

ゴールデンウィーク始まる前からおかしいなと思っていたんですよ。始まった途端に強烈な痛み。この腰の痛みって何なんでしょうかね。安静が一番ともいうけど、なんか足の筋肉がつった時のようないきなりの痛みにも共通するような感じです。

家でゴロゴロしていると、Apple Watchが「スタンドの時間です! 立ち上がって、1分間ほど動きましょう。」と言ってくるんですよ。心のなかで、「こっちは立ち上がることも出来んのジャイ!!!」と叫んでいるのですが、Apple Watchはご主人様の健康を違う意味で気遣っているということでしょうか。もし、このスタンドが「この動きは腰がいたいのですね。安静が第一です。」と言ってきたら、腰を抜かしてもっと腰が悪くなりそうです。

MacBook Retina 12インチカスタマイズ版が届いて少し使ったのですが、動きは極めてスムースです。処理速度、結構速いんじゃないでしょうか。ただ、連続した負荷についてはまだわかりません。未だ移行アシスタントが終了しない訳については更に報告したいと思います。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook Pro Retinaの修理が完了 12インチのMacBook まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1

まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その2

早速充電して一日使ってみました。メールなどの新着があると知らせてくれます。読むこともできます。でも、これはPebbleでも同じ。では、Apple Watchならではの機能とは何でしょうか。

メールを音声で喋って送る

電話をかけてハンズフリーのようにしてしゃべる

Siriを気軽に使うことができる

マップを使うことができる

ぐらいなものでしょうか。あまり交友関係が多くない自分には必要とされていない機能ですよね・・・。ハンズフリーやSiriは、周りに人がいる環境では使いにくいですよね。SNSやTwitterは使っていないので、そうそうリアルタイムでコミュニケーションをとる場面がありません。(リアルタイムで中断されたら仕事に集中できないと思いませんか? 周りでしっかり働いている人たちはだれもTwitterといったSNSやってませんねぇ。自分の時間が大切ですからね・・・。)

結局Pebbleでも大丈夫、いや、Pebbleの方が使い勝手がいいかもしれません。ただ、デザインは秀逸です。

iPhoneを使っていて、スマートウォッチが必要であれば購入を検討。そうでなければ他のスマートウォッチでOKです。電池ですが、メッセージがあまり届かない私なら、2日ほど持ちそうです。魅力半減ですけどね。

Related posts: まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1 Apple Watchとテスラ Appleストア銀座に行ってきました Apple Watchは・・・ 知ってましたよ、Apple WatchでTESLAのコントロール

まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1

MacBook Pro Retinaが故障して銀座のApple Storeに行った時、たまたまApple Watchを見てしまったため予約をしてしまった人がココにいます。最初はアルミのスポーツをと思っていましたが、耐久性に問題があることを知って、キャンセルしてステンレスを予約しなおしたわけです。まあ、周回遅れで予約したので、出荷日は5月の中旬あたりとメールで知らされていました。結局Apple Watch熱もすぐに収束して、日々なんの変哲もない暮らしを続けていたわけです。Apple Watch本日より出荷開始とか、世間では騒がれていましたが、「関係ないもんね」と、全く意に介していなかった翌日、宅急便で結構見た目よりは重い箱が届いていました。あれ? と思ってメールを確認したところ、どうやら最初の出荷に自分も含まれていたことが判明。とはいっても仕事で忙しかったのでほったらかし。

今日はじめてApple Watchを身につけてみました。ここからは、Pebbleユーザーであった私がApple Watchを見たらどうだったかについて話をしていきたいと思います。

まず梱包について驚きました。最も外側のダンボールは、もちろん真っ白ではないのですが、作りが丁寧で中の白い箱と寸分の隙間もないように作られています。どうやら宅急便ではなく、この輸送用の段ボール箱もAppleの仕業と思われます。そのダンボールを開ける方法もスマートで、ピーッと紐を引っ張って段ボールの部分を分離するとすぐに中の箱に到達できます。MacProよりも洗練されている印象です。デザインにかなりのリソースを割いたのがわかります。

中には白い箱が入っており、その箱を開けると今度はプラスチックの箱が入っており、その中にようやく時計に行き着く寸法です。マトリョーシカのように延々と箱が出てくるのではないかと心配しますが、それくらい梱包に気を遣っているのと、高級感を醸し出すための演出に腐心していると考えられます。プラスチックの中はスウェードレザーの処理が施してあり、高級時計が鎮座しているような雰囲気がにじみ出ています。

 

その2に続きますよ!

Related posts: まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その2 Apple Watchは・・・ 知ってましたよ、Apple WatchでTESLAのコントロール

MacBook Pro Retinaの修理が完了

また銀座に行ってきました。前回ジーニアス・バーはガラガラでしたが、今日は長蛇の列。予約せずにいきなりジーニアス・バーに突撃する人が多いようです。やっぱり予約したほうがいいですよ。立って待っているのは、結構辛いと思う。

MacBook Retina見に行きました。液晶の品質は、MacBook Pro Retinaとほぼ同じと考えていいでしょう。MacBook Air 13インチと見比べましたが、暗い部分の階調がとても良く出ており、表現できる色範囲も明らかにRetinaの方が上です。写真の加工編集を考えているなら、Retinaの液晶しかありえません。ただし、CPUは貧弱ですから、重量が許せるのならProシリーズを選択するべきです。

ブラウザの閲覧に関しては、AirとRetinaではほぼ互角。スクロールももたつきはありません。

トラックパッドのクリックについては、何度押しても今までと同じスイッチでカチッと反応しているのではないかと勘違いしてしまいます。よく出来ています。

キーボードのキーは、たしかにストロークは少ないです。でも、全く問題無いです。キー入力で大事なのはストロークではなく、押し込んだ時のクリック感の方だからです。

コンパクトで軽く、表示も綺麗。動画や写真の加工をスクリプトで大量に行うということでなければ、MacBook Retinaは魅力的なマシンです。でも、BTOでCPUは1.3GHzにアップしておいたほうがいいでしょう。Airは液晶がネック。11インチは13インチより質が悪いので、どうしても速度が欲しい方は13インチしか選択肢がありません。すべてを満たしたいなら、MacBook Proに転ぶしかないのですが、今度は重いのが辛いです。

MacBook Pro Retinaの修理は1週間以上かかりました。しかし、今はすこぶる快調です。画面が消えることもないですし、止まることもない。メインボードが悪かったんですね。修理代は、GPU周りの無償修理の関連として扱われ、結局無料でした。普通に使っていたので、これで予定価格の5万円ほどを取られると、かなり痛い出費になっていたところです。

Related posts: MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook 12 Retinaの動画再生はスムースのようだ MacBook 12インチ Retina発表になりましたが・・・ Appleストア銀座に行ってきました MacBook 12インチをもう一度考える

MacBook RetinaとApple Watch どうする?

MacBook Retina 12インチですが、もともと使っていたMacBook Pro Retinaが故障とあって、少なくとのその間は12インチの恩恵に与りたいと思ったのですが・・・。BTOで1.3GHzのCPUを選んだところ、納品まで1ヶ月以上待たされることが判明。あーあ。でも、一度買ったら3年は使うと思うので、妥協はダメです。結局昔のMacBook Airを引っ張りだして騙し騙し使っています。予約は、結局しました。

Apple Watchですが、銀座で実物を触ったところ思ったより出来が良かったので、安いアルミのものを予約しました。しかし、色々と情報を探ったところ、ステンレスに採用されているサファイアガラスはとても硬く耐久性があること、それと、アルミという素材は今まで様々な時計メーカーが検討したものの、汗などの腐食から長期間耐えられる素材ではないことから、採用が見送られてきたことがわかりました。新たなコーティングが採用されているとの噂があったのですが、バッテリーの入れ替えもできるという話があったので、一度買うと結構長く使うだろうと考えてステンレスのAppleWatchに変更。これも納品まで軽く1ヶ月以上かかるようです。Pebbleも予約した身としては、かなり躊躇したのですが、Pebbleとは方向性が全く違う、iPhoneの機能を存分に引き出すこの時計に随分と興味を持つことになりました。

他の人のブログでは、左手にお気に入りの時計、右手にApple Watchを装着するという話がありました。逆にはめて使い勝手はどうなんでしょうか? 画面の表示を上下逆さまにできるのでしょうか?

しばらく待つ時間が続くようです。

Related posts: MacBook 12 Retinaの動画再生はスムースのようだ MacBook Pro Retinaの修理が完了 MacBook 12インチ Retina発表になりましたが・・・ MacBook 12インチをもう一度考える MacBook Pro Retina まさかの故障