投稿カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

太陽活動

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA 1:2 35mm & SAMYANG 2.8/14mmを持って散歩にでかけました。

K-1はフルサイズなのですが、そのレンズとしてまずは上記の2つを使っていこうというわけです。

FA35mm F2 ALについて少し説明すると、単焦点35mmF2.0というまあまあ明るいレンズです。設計はやや古いですがオートフォーカスで35mm画角をカバーする、PENTAX K-1には貴重な存在です。隠れスターレンズと言われており、似たようなレンズでFA50mm F1.4と比べても、こちらのレンズのほうが細かい描写までできています。

FA35mm F2 AL F8 1/640 ISO 800 接写リング使用

普通の写真をとっても面白くないので、接写で小さな花を大きく撮影してみました。ドット単位で解像していることを考えると、このレンズの優秀さがわかります。安心してK-1に使うことができるでしょう。

AWS Access Key ID: AKIAJSWCAXQKP3YVAK2Q. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

Related posts: SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その2 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9

SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6

SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その7

真夏日でへこたれる

とにかく暑いです。いきなりこの暑さだと、これからが思いやられます。

今年は準備をするまもなく桜が散ったので、写真はこれでおしまい。

Related posts: SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その3 SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1 Distagon 2/35 ZKをさらに試す SD quattro H 12月20日発売決定 SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

毎年悪化する花粉症症状

どうも、年々花粉症の症状が悪化している気がします。毎日点眼薬と点鼻薬が手放せません。もう、花粉の飛散量とは関係ないのかも。なんとかならないものでしょうか。

今回の写真もLUMIX LX-100です。

 

これで撮りました

 

さて、今年は近くの公園にPENTAX K1とFA 28-105mmF3.5-5.6EDを持って桜を撮りに行ったのですが、花を接写できないことに気が付きました。このレンズさえあれば安泰と思っていたのに、漫然と過ごしていて対象物に寄ることが出来ないなんて、盲点でした。それに、暗いんですよ。ボケももう少し欲しいし。やっぱり、単焦点を探すしか無いのかも。

でも、この組み合わせは最低限必要です。

 

Related posts: SD quattro H 12月20日発売決定 www.viunrtoah.comは詐欺っぽい […]

今年の桜は急ぎ足でした

今考えれば、桜の開花中に雪が降って真夏日があったんです。こんなことって今までありましたか?

しばらくは、そんな忙しい春の写真を載せていきたいと思います。

機材はPanasonic LUMIX LX-100です。やっぱり小さいと持ちだす回数が増えるんですよね。

これで撮りました

 

ようやくMPLABを再インストール、過去のソースがコンパイルできるようになりました。これから少しずつ動いていきます。

Related posts: SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その3 SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1 Distagon 2/35 ZKをさらに試す SD quattro H 12月20日発売決定 SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その3

 

周辺部の描写を比較します。

 

 

 

 

 

CarlZeiss Distagon 2,8 ZS F2.8 s1/1600 iso100

 

 

 

 

 

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

Zeissの色収差が気になります。しかし、等倍に拡大しないと気が付かない範囲です。解像はZeissが良好です。コントラストもZeissに軍配が上がります。

 

細かいことを見比べましたが、どちらのレンズも収差や歪は殆ど無いです。ピントのあった部分の解像は甲乙つけがたいレベルで、2017年に発売されているカメラの要求を十分満たす性能を持ち合わせています。

 

Zeissの方は単焦点で若干F値が大きく暗めなレンズ。像はやや青みがかる傾向です。レンズはコンパクト。マニュアルフォーカス。ピンのあったところの解像は優秀です。

SigmaはズームレンズでF値が小さく明るいレンズ。自然な色の再現性。レンズはとても大きい。

 

このことから、Zeissを選ぶ理由は、「このレンズでないと撮れない画がある。」という時でしょう。Sigmaはどんな要求にも高い次元で応えることができるオールマイティーなレンズと言えます。どちらかを選ぶとしたら、迷わずSigmaになります。ただ、Zeissが劣るとかの問題ではなく、Sigmaのズームレンズがすごすぎると言ったほうが合っていると思います。

まあ、重箱の隅をつつくような事をしました。そもそも単焦点とズームレンズを比べることが無茶でしょう。

今手に入るSigmaのArtラインを揃えていけば、間違いは無いと言えます。

SIGMA 18-35mm DC Art と CarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

SIGMA 18-35mm DC Art と CarlZeiss Distagon […]

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その2

中心部の描写を比較します。

 

 

 

 

 

 

 

 

CarlZeiss Distagon 2,8 ZS F2.8 s1/1600 iso100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

若干ではありますが、Zeissの方が描写が良さそうです。が、誤差範囲内です。普通、こんなとこまで見ません。ピントが僅かにずれていただけかも知れませんし。

Related posts: SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1 SD quattro H 12月20日発売決定 フォトキナが近づいてきました Distagon 2/35 ZKをさらに試す SIGMA SD Quattroが発表される

SIGMA 18-35mm DC Art とCarlZeiss Distagon 2,8を撮り比べる その1

SIGMAのArtとCarlZeissの単焦点レンズ、どちらのレンズも素晴らしいです。比べること事態が野暮なんですが、なにせ高いレンズなので両方買ってしらべることは困難です。

SIGMA 18-35mm DC Artは、もともとSD1 Merrillのために使っていたズームレンズ。CarlZeiss Distagon 2,8 ZSは、コシナが作っているM42マウントの単焦点レンズですが、最新のデジタルカメラのために昔のDistagonを再設計して精度を高めたものです。ただ、大元の設計は古いので、このレンズ特有のクセが残っているわけです。

それでは、SIGMA quattro Hでそれぞれのレンズで撮った写真を載せましょう。

SIGMA 18-35mm 1.8 DC-Art F2.8 s1/1600 iso100

 

CarlZeiss Distagon 2,8/25 F2.8 s1/1600 iso100

 

写真全体についてですが、色合いが違います。Zeissは周辺の青みがかりが強いです。もともと、このレンズは青みがかった写りが特徴なので、これについては納得でしょう。次は、細かな部分を見比べていきましょう。

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro HKIPON M42マウントレンズ – シグマSAマウントアダプター M42-SACarl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZS (M42スクリュー)SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 […]

SD quattro H 12月20日発売決定

CP+で、SD quattro H は高くなりますよ。と、言われていたので、20万近くに跳ね上がるのか(汗)? と、覚悟していたのですが、実際は12万円辺りに落ち着きそうな気配です。

Foveon quattroセンサーのカメラは、いままで手を付けていなかったのですが、そろそろ機が熟してきたのかもしれません。SDシリーズはミラーレスカメラになったのですが、こうしないとミラーショックのために像がぶれてしまうのでしょう。また、Foveon Merrillが出てきてから、SIGMAのレンズの性能が飛躍的に良くなった印象があります。ピントのあった像を比べるだけなら、ZeissよりSIGMAの方が上回っていると思います。(ボケや、全体の画の雰囲気ということを考えると、Zeissの選択も全然悪くありません。) quattro HとArtラインのレンズの組み合わせで撮れる画がどうなるのだろうかと考えただけで、ワクワクします。

荷物が限られている旅行でカメラを持って行く時は、迷わずDP1 Merrillをかばんに放り込みます。Sony のDSC-RX100 IIIは選択肢に入りません。車の移動で余裕がある場合は、これにPENTAX K-1が加わるという状況です。これは、画素とレンズのトータルバランスということに尽きます。SIGMAのレンズにかけるこだわりと、Foveonに対する情熱のおかげで、素晴らしい写真を手に入れることができることに感謝したいです。

気になるのは、DCシリーズがAPS-Hのイメージサークルをカバーできるのかどうかです。なんか無理そうな話もあるのですが、肝心なこの話が出てこないところを見ると、クロップせざるを得ないと勘ぐっています。

Related posts: SIGMA SD Quattroが発表される DP1 Quattro について考える 最近全然写真を撮ってないです 新年の横浜をSony RX100 IIIで撮る 三寒四温

知床に行ってきました その3

神の子池に行って池を撮らないと何しに行ったかわからないということで、今日は池の方の写真です。

 

 

Sigma DP1 Merrill 19.0mm f3.5 1/125 ISO200 カメラの日付を修正していません。

Macのデスクトップ写真の所はまた別の池なのですが、ここも透明度が高いので水の青さが引き立ちます。水の温度は一年を通して8度、摩周湖から地下を通って湧き出てきた水がここに来ていると言われています。北海道には、まだこのような美しい池が見つからずにひっそりと時を刻んでいる場所があるんだろうなぁと、想像してしまいました。あと、浅く見えますが結構深いらしいですよ。

Related posts: SIGMA SD Quattroが発表される 知床に行ってきました その2 知床に行ってきました その1 梅雨なのに全く雨が降らないですよ! DP2 quattroについて

知床に行ってきました その2

神の子池の林を撮ってみました。

 

Sigma DP1 Merrill 19.0mm f5.6 1/10 ISO200 カメラの日付を修正していません。手持ち撮影の限界です。ドット単位で枝や葉が写っています。

この写真をデスクトップに設定すると、騒がしくて落ち着かないかも・・・。

Related posts: 知床に行ってきました その1 SIGMA SD Quattroが発表される 梅雨なのに全く雨が降らないですよ! DP2 quattroについて