投稿カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

太陽活動

ネタがないことをネタにしよって!

来ていただいた方には申し訳ない。みなみおそあしです。相方がネタがないと言ってたので、無いところからひねり出そうと思います。

最近始めたことの中に、旋盤による金属加工と熱処理があります。もともとはチェロの部品を作る目的だったのですが、次第に無線でも使えることがないだろうかと試行錯誤しています。ナマの炭素鋼を削りだして加熱するのですが、最初は七宝焼きの炉を使ってやっていました。しかし、最近は高周波焼き付けに切り替えつつあります。ちょっと無線っぽい話になってきたでしょ? 溶かして型に流しこむことも可能ですが、そうすると高周波装置を改良しないとダメです。そこのところは今考え中です。

旋盤は、日本製にこだわりサカイマシンツールのML-210を使っています。

更に、直径40cmの自作ドブソニアン望遠鏡を設計中です。Ninja320はとても素晴らしく、私は気に入っているのですが、体積がかさばることから家庭内ではすこぶる不評です。そこで、サイズアップを目指しながらよりコンパクトなドブソニアンを作るべく、様々な金属加工技術を駆使しながらシンプルで軽量強固なものを目指しています。そのためにも旋盤は必要だったわけです。アルミ削り出しとカーボンファイバーのパイプなどを組み合わせて、奇抜なものを計画中です。

ミニ旋盤マスターブック: 基礎から応用までよくわかる書籍

作者平尾 尚武

発行誠文堂新光社

発売日2015年10月8日

カテゴリー単行本

ページ数351

ISBN4416615795

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts:

No related posts.

巨大な望遠鏡で叱られる

ゴールデンウィークにどこ行きたい? と聞かれると、とりあえず「星空が綺麗で温泉に入れるところ。」と答えています。みんな行きたいところはいろいろとあると思うのですが、おおよそ旅行に求める候補地として「模範解答」になっているのではないのでしょうか? 日頃の疲れも癒やされますしね。

そんな王道をリクエストして旅行に行きましたが、まあ、不評でしたよ。その原因が、表題にある巨大望遠鏡。

笠井トレーディングで販売している「Ninja 320」というのを購入したので、これで銀河や星雲を観る予定だったのですが、あまりにも巨大で車の中が狭くなると不評でした。それでも、32cm口径のドブソニアンとしてはコンパクトで軽く、丈夫な望遠鏡なのでこれから酷使してやろうと意気込んでいたのですが・・。

これでは大変ということで、今考えているのは、40cm口径の組み立てドブソニアン。アルミとカーボンを使ったオリジナル設計のドブソニアンを計画しています。そのために、旋盤とフライス盤をごちゃごちゃいじっています。そして、焼入れ焼きなましができる装置も手配しました。ちょっと本気で作ってみたいと思います。

Related posts: TESLA AWD modelS 納車8月下旬より始まる

レーザーコリメーターはどこまで信頼していいのか?

ニュートン式反射望遠鏡を使うときに必ずついてまわる問題が、「光軸調整」です。斜鏡はめったにずれないですが、重量級の主鏡は振動で簡単にずれてしまいます。光軸調整アイピースでもおおよそ解決しますが、より簡単にかつ精度を高めて調整しようと思うと、レーザーコリメーターを使うことになります。

ところがです。高級なものなら問題ないのでしょうが、安いコリメーターをアイピースに付けてくるくる回すと、あら不思議。主鏡に届くレーザーの位置が変わるではありませんか! そう、コリーメーターのレーザー光自体が斜めに射出されているのです。これでは、正しくコリメートできません。

コリメーターの調整は購入後一度行えばいいのですが、それが結構大変です。方法を簡単に書くと、

1. コリメーターのレーザー射出と反対の方に3箇所接着剤でシールドされているネジがあります。このシールドされた部分をほじくりだし、中にあるネジを締めたり緩めたりして調節します。まずはネジを露出させ、反射式天体望遠鏡の接眼部にセットしましょう。(光軸は合っていなくて大丈夫です。)

2. コリメータを回しては接眼のストッパーを締めて、主鏡に届いたレーザーがどのように変化するか観察しましょう。何度か見ていくうちに、主鏡に届いたレーザー光が円を描くように変化すると思います。(変化しなければ、コリメーターは正しく調整されています。) この、円のように動くのがなくなるように、コリメーターの3箇所のネジを調整しましょう。

慣れない作業ですが、こんなことめったに行わないので、慣れなくていいです。気をつけるのは、コリメーターを回したら、接眼のストッパーをきちんと締めることです。実際接眼レンズを使うときは必ず締めますので、同じ条件のほうがいいです。

 

あとは、ニュートン式反射望遠鏡の光軸を調整するだけです。主鏡の真ん中にレーザー光が届くように斜鏡を調節し、次は反射した光がコリメーターの中心に届くように主鏡の傾きを調整すると光軸調整は完了です。コリメーターさえきちんと調整してれば、コリメーターを用いた光軸調整は1分程度で完了です。 安いので調整する前提なら買って損はないです。

光軸調整 31.7mm径レーザーコリメーター on/off 切り替え タイプ家電

発行B・S・T・R

カテゴリーエレクトロニクス

Supported by amazon Product Advertising API

 

Related posts: チェロで何かいいCDがないか探していると・・ スチールブック ジブリ美術館に行ってきた