投稿カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

太陽活動

Appleの神対応、健在なり

現在、仕事とプライベートでメインマシンとして使っているのは、CF-NX1(Panasonic Let’s Note)とMacBookPro Retina 2012年モデルです。MacBookPro Retinaに関しては、「酷使」しているというのが正直なところで、既に裏蓋を何度も開けてSSDを増設したりして使い倒しています。そんなMacが、ある日充電できなくなってしまいました。サードパーティー製のアダプターなどを使っているので、使用環境によるものなのか、静電気なのか、理由はわからないのですが故障したことには変わりません。既に古いパソコンなので、保証期限はとっくに切れています。でもCore i 7クアッドコアなので、性能はまだ色あせていません。修理すればあと2年以上は使えると思い、Appleのサポートセンターに電話することにしました。(電話してオペレーターに情報を伝えないと、デリバリーによる修理を受け付けない流れになっているようです。)

事情を話していろいろと質問事項に答えたところ、やはり修理が必要であるとの結論になりました。ただ、購入して4年以上経過しているので、有償修理として4万円ほど請求されました。こればっかりはしょうがないと言うわけで支払い手続き(カード)を済ませて、翌日パソコンが回収されました。

お盆休みに入るので、修理が終わるのに1週間以上かかると説明を受けていたのですが、実際に帰ってきたのはパソコンを送り出して3日後でした。早いです!

開封して、修理内容を見てみると、電源ユニットの交換が書いてありました。これは想定内。更に読んでみると、驚いたことに「バッテリーの故障を確認したので、キーボード一体型バッテリーを交換しました。」と書いてありました。つまり、バッテリーとキーボードが新品になって帰ってきたのです。実は、結構バッテリーの充放電を繰り返していたので、ヘタってきていたのです。PowerBookのバッテリーは充電回数(寿命)が多いことで知られています。一般的なノートパソコンと比べて高級なのです。このサプライズは大きかったです。これだけの修理をして4万円ほどなら、十分納得です。キーボードも買った時と同じくピカピカになりました。

Appleのジーニアスバーでそうですが、わざわざ足を運んだ人に対してがっかりして帰すわけには行かないということなのでしょうか、ある程度現場の人に裁量権が与えられてサービスを行っているように感じます。また、購入履歴などを管理しており、高い製品を何度も買っているリピーターに関しては細心の注意を払っていることもうかがわせます。

Macは高いのですが、アフターサービスでのキメの細かさを体感すると、やはりまたMacを買いたいと思うようになります。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました ぎっくり腰で寝込んでいる状態 MacBook RetinaとApple Watch どうする? 動画の投稿を始めました Apple Watchとテスラ

Panasonic CF-NX1のHDDをSSDに載せ替え

随分と古いノートパソコンですが、12インチの割には画面が広く、バッテリーの持ちがいいのと、CPUがCore i5と速いこともあって中古で買いました。その後HDDからSSDに載せ替えて容量アップを図りつつ、もともと入っていたWindows7ProをVirtualBoxで動かすべくもがいたので、記録に残しておきます。P2Vというやつです。

 

Panasonic CF-NX1

480GB SSD ———(USB)———— 250GB(元々入っていたWindows7Pro)

Ubuntu 14.04

 

こんな感じで繋がっています。まず、ddコマンドでusbに繋がっている250GBのHDDのデータを吸い出します。

dd if=/dev/sdb of=/home/hoge/windows.img

if=****** 読み出すHDDを指定します。わからない時は、 sudo fdisk -l で確認してください。

of=******* 書き出すファイル名を指定します。ここでは /home/hoge/windows.img としています。適宜変更してください。

ここでダンプされたファイルは、HDDナマのデーターなので、巨大なファイルが作られます。(HDDと同サイズ)

書きだしたファイルを、今度はOracle VM VertualBoxで読み書きできるように変換します。この時、使われていない領域に圧縮がかかります。まずはqemuをインストール。

sudo apt-get install qemu-utils

いよいよ変換です。

qemu-img convert /home/hoge/windows.img -O vmdk windows.vmdk

これでOracle VM VertualBoxで動かすことができます。あとは、このイメージディスクを指定して仮想マシンを構築してください。

 

実はメモリーも増やしました。8GBx2で合計16GB。 マシンの分解はCF-SX1と同じです。

Related posts: Ubuntu 14.04 LTS でRadikoを録音する

サーバーを入れ替える予定

Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その1 Netatalkまで

Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その2 LAMPの環境

Ubuntu 14.04 LTS でRadikoを録音する

先日「大沢悠里のゆうゆうワイド」が終わり、新しく「伊集院光とらじおと」という番組がはじまりました。ゆうゆうワイドは高齢者向きの落ち着いた番組でしたが、私にとっては退屈な内容でした。新たに始まった番組は、以前放送されていた「伊集院光の日曜日の秘密基地」に近いディープな内容となっています。しょっぱなから面白いコーナーが目白押しで、久々録音して聞いてみたいと思いました。

そこで、先日刷新したばかりのepgrecをインストールしたマシンにRdikoを録音する環境を作りました。

そもそも、Ubuntu 14.04 LTSにPT3と古典的なepgrecを導入するのも大変だったのですが、そこは他のブログに譲るとしましょう。(結局独自にインストールする羽目になりました。)

サイマル放送を録音するのに必要なライブラリーをインストールします。14.04よりffmpegが公式リポジトリより外されたので、リポジトリを新たに追加する。

$ sudo add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils ffmpeg libavcodec-extra-54

簡易Radiko録音スクリプトをダウンロード(作者に感謝)

スクリプトをhogeのホームディレクトリーに置いたとすると(実行可能なようにパーミッションを変更しておく)

TBSラジオを150分録音するなら

./rec_radiko.sh TBS 150 /home/hoge TBS

とコマンドを打ち込む。

ラジオ局のリストはここにあります。

あとはcronで録音を予約すれば、立派なラジオ録音マシンに早変わりです。ある程度溜まったらノートパソコンにコピーして持ち出し、車のBluetooth経由で聞いてもいいでしょう。

Related posts: Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その2 LAMPの環境 Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その1 Netatalkまで

WiMAXの通信速度を稼ぐには?

地方に出張に行くと、時々ネット環境が用意されていないことがあります。そんな時のためにWiMAXを利用していますが、そんな秘境だと、WiMAXの電波すら届かないケースも。

そんな時に使っているのが、写真にある電波を集めるリフレクター。3Dプリンターとアルミホイル、クリアファイルで作った簡単なリフレクターです。

InventorFusionでは、放物線を書くことができません。それで、巨大な楕円を作図して、その一部を切り取って擬似放物線として立体を作りました。それでも結構電波をかき集めてくれます。全く電波が入らないところでも、この電波塔のマップを頼りに方向を合わせると、アンテナレベルが一つ点灯するようになります。速度はそれほど速くないですが、使えないからとりあえず使えるレベルにはなるので、常にカバンに入れておく貴重な道具となっています。

Related posts:

No related posts.

久しぶりウイルスの活動を検知

先日は久しぶり100人突破しました。リファラスパムですね。で、日本からのお客様は変わらず30人程度です。

MacBook Retina 12インチのトラックパッドには感心させられます。物理的にはクリックしていないのに、カツンというリアクションが返って来るので本当に押し込んだように感じるのです。実はこの機能のお陰で、ドラッグがとても軽く行えるようになりました。今までのトラックパッドだと、強く押し続けないとドラッグを継続できないのですが、12インチのトラックパッドは軽く押してすべらせるだけでドラッグができてしまいます。このことってどこもあまり書いていないみたいだけど、とてもすごいことだと思う。

似たようなこととして、AppleWatchの通知の時にベル音と振動を用いると、本当に時計の中でベルを叩いて知らせてくれているような錯覚を起こしてしまいます。古い機械式時計の時報のようなやつですね。

本来の目的とは違うところで意外な使い勝手の向上があるんですよね。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました MacBook Pro Retinaの修理が完了 ぎっくり腰で寝込んでいる状態 MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook 12インチ Retina発表になりましたが・・・

マイ MacBook Retina 12 環境

先日書いたとおり、今までの痛い経験を基にMacBook Retinaをいろいろとカスタマイズして使っています。そのポイントは以下のとおり。

CPUとSSDは最も良い物にカスタマイズ。(あとで後悔しないため) SSDは通常使用の464Gと緊急用の33Gに分割。(システムの修復を出先で行えるようにするため) DiskWarriorはそれぞれのパーテションにインストール。(最も信頼できるディスク修復ユーティリティーです) Display Menuというアプリで画面の解像度を変えている。(少しでも広いデスクトップが必要なので) USB-C Digital AV Multiportアダプタは必須。(充電しながらUSBを使うには絶対必要) USB 3.0 HUB with SD/TF and Ethernetも必須。(写真撮り込んだり有線のネットに繋げる時があるので) AirMac Timecapsuleも必須。(TimeMachineをワイヤレスで使うなら、通信速度の速い無線LANは必要です)

いかがでしょう? 出先が仕事の現場であることが多いので、どうしてもこうなってしまいます。

 

Anself 3イン1 USB 3.0 RJ45 ギガビットイーサネット+TF / SDカードリーダー+2 USB3.0 HUB多機能1000M Related posts: MacBook Retina 12インチの設定がようやく完了 MacBook Pro Retina まさかの故障 Amazon.co.jp、PlayStation4のタイムセール カレーのリンクありがとうございます うまいカレーがあると言ったままほったらかし

MacBook Retina 12インチの設定がようやく完了

長い道のりでした。MacBook Pro Retina 15インチからの引越し作業がこれほど大変かと思った1週間です。

まず、12インチRetinaが届いて行ったことは、パーテションです。最初に立ち上げて、iCloudなどの設定をするとディスクの暗号化が始まります。(デフォルトでONになっていますが、Offを選択することもできます)この状態ではディスクユーティリティーを用いてもパーテションは作れません。暗号化処理はさほど時間はかかりませんので、(システム環境設定のセキュリティとプライバシーにあるFireVaultの項目を見ればわかります)しばらく待ってからディスクユーティリティーでパーテションを切ります。(この待ち時間は、全体の処理を考えれば短いのです。長いと感じたら、これから先は思いやられることまちがいなしです。)

なぜパーテションを切るかというと、緊急用OSを用意するためです。最も小さなパーテションを作成し、そこに全く素のYosemiteをインストールしておくのです。通常のシステムが壊れたら、その緊急パーテションより立ち上げて、ディスクの修復とデーターの救出を試みます。外付けディスクはポートを塞いでしまいますし、USBメモリーを常に携帯しなくてはなりません。それに、読書速度が遅いので修復に時間がかかってしまいます。絶対作っておいたほうがいいです。そして、緊急OSのインストールされたパーテションにはDiskWarriorをインストールしておきましょう。これで不幸のどん底に落とされること無くパソコンライフを満喫できるというものです。

次に、移行アシスタントを用いて、Retina15インチからデータを移動します。この時、USB-2.5 HDDアダプターを用いていたのですが、電力不足なのか、Time Machineの保存データから引っ越すことができませんでした。ひょっとしたらコネクターが壊れかけていたかもしれませんが、どうやら15インチとくらべて12インチはUSBからの給電能力は低いのかもしれません。ココで大変困ってしまいました。あとは、無線LANを使ってこれまたTime capsuleからデータを転送するしかないのですが、これに24時間近くかかってしまいました。じつは、自宅は5GHzの802.11nを使っているのですが、5GHzなので高速だと思い込んでいたのです。しかし、世の中はすでに802.11acの時代となり、もっと高速にデータをバックアップできる環境があることを知りました。

現在はなんとか移行が終了して無事使えています。そして、晴れてYosemiteを使えるようになりました。2.5inch HDDは、やっぱり使えないと音楽や写真の編集に支障が出るということから、USB3.0の速度で読み書きできるアダプターを購入しました。上海問屋で扱っている、DN-84878というHDDケースです。ノーブランドですが、速度もそれなりに出ているようで、データーもトラブル無く読み書きできています。大きなデータを外付けディスクで使いたい人には手元に置きたいアイテムです。

それと、高速でネットに繋げるなら、定番のTime Capsuleですね。一度買うと2-3年は使い続けるので、容量の大きい3Tがお勧めです。

APPLE AirMac Time Capsule – 3TB ME182J/A

そして、一番大事なのが万が一のディスク救出ソフト。昔はノートン先生でしたが、いまはDisk Warriorで間違いないです。これ以上のソフトは見たことがありませんし、ITエンジニアも信頼をおいているアプリです。事が起きてからでは遅いです。標準で入っているディスクユーティリティーでお手上げだとしても、これでなんとかなるかもしれません。(おおよそこれで何とかなりました。)何も起きてない今だからこそインストールしておいたほうがいいです。また、外部ディスクから立ち上げてディスクを修復する事もできます。一家に一つ必ず必要なのです。(なんだか、スネークマンのちり紙交換みたいになってきましたけど・・・。)

DiskWarrior (ディスクウォーリア) 5 Related posts: MacBook Pro Retina まさかの故障 Amazon.co.jp、PlayStation4のタイムセール カレーのリンクありがとうございます うまいカレーがあると言ったままほったらかし 用事で浜松

ぎっくり腰で寝込んでいる状態

ゴールデンウィーク始まる前からおかしいなと思っていたんですよ。始まった途端に強烈な痛み。この腰の痛みって何なんでしょうかね。安静が一番ともいうけど、なんか足の筋肉がつった時のようないきなりの痛みにも共通するような感じです。

家でゴロゴロしていると、Apple Watchが「スタンドの時間です! 立ち上がって、1分間ほど動きましょう。」と言ってくるんですよ。心のなかで、「こっちは立ち上がることも出来んのジャイ!!!」と叫んでいるのですが、Apple Watchはご主人様の健康を違う意味で気遣っているということでしょうか。もし、このスタンドが「この動きは腰がいたいのですね。安静が第一です。」と言ってきたら、腰を抜かしてもっと腰が悪くなりそうです。

MacBook Retina 12インチカスタマイズ版が届いて少し使ったのですが、動きは極めてスムースです。処理速度、結構速いんじゃないでしょうか。ただ、連続した負荷についてはまだわかりません。未だ移行アシスタントが終了しない訳については更に報告したいと思います。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook Pro Retinaの修理が完了 12インチのMacBook まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1

まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その2

早速充電して一日使ってみました。メールなどの新着があると知らせてくれます。読むこともできます。でも、これはPebbleでも同じ。では、Apple Watchならではの機能とは何でしょうか。

メールを音声で喋って送る

電話をかけてハンズフリーのようにしてしゃべる

Siriを気軽に使うことができる

マップを使うことができる

ぐらいなものでしょうか。あまり交友関係が多くない自分には必要とされていない機能ですよね・・・。ハンズフリーやSiriは、周りに人がいる環境では使いにくいですよね。SNSやTwitterは使っていないので、そうそうリアルタイムでコミュニケーションをとる場面がありません。(リアルタイムで中断されたら仕事に集中できないと思いませんか? 周りでしっかり働いている人たちはだれもTwitterといったSNSやってませんねぇ。自分の時間が大切ですからね・・・。)

結局Pebbleでも大丈夫、いや、Pebbleの方が使い勝手がいいかもしれません。ただ、デザインは秀逸です。

iPhoneを使っていて、スマートウォッチが必要であれば購入を検討。そうでなければ他のスマートウォッチでOKです。電池ですが、メッセージがあまり届かない私なら、2日ほど持ちそうです。魅力半減ですけどね。

Related posts: まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1 Apple Watchとテスラ Appleストア銀座に行ってきました Apple Watchは・・・ 知ってましたよ、Apple WatchでTESLAのコントロール

まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1

MacBook Pro Retinaが故障して銀座のApple Storeに行った時、たまたまApple Watchを見てしまったため予約をしてしまった人がココにいます。最初はアルミのスポーツをと思っていましたが、耐久性に問題があることを知って、キャンセルしてステンレスを予約しなおしたわけです。まあ、周回遅れで予約したので、出荷日は5月の中旬あたりとメールで知らされていました。結局Apple Watch熱もすぐに収束して、日々なんの変哲もない暮らしを続けていたわけです。Apple Watch本日より出荷開始とか、世間では騒がれていましたが、「関係ないもんね」と、全く意に介していなかった翌日、宅急便で結構見た目よりは重い箱が届いていました。あれ? と思ってメールを確認したところ、どうやら最初の出荷に自分も含まれていたことが判明。とはいっても仕事で忙しかったのでほったらかし。

今日はじめてApple Watchを身につけてみました。ここからは、Pebbleユーザーであった私がApple Watchを見たらどうだったかについて話をしていきたいと思います。

まず梱包について驚きました。最も外側のダンボールは、もちろん真っ白ではないのですが、作りが丁寧で中の白い箱と寸分の隙間もないように作られています。どうやら宅急便ではなく、この輸送用の段ボール箱もAppleの仕業と思われます。そのダンボールを開ける方法もスマートで、ピーッと紐を引っ張って段ボールの部分を分離するとすぐに中の箱に到達できます。MacProよりも洗練されている印象です。デザインにかなりのリソースを割いたのがわかります。

中には白い箱が入っており、その箱を開けると今度はプラスチックの箱が入っており、その中にようやく時計に行き着く寸法です。マトリョーシカのように延々と箱が出てくるのではないかと心配しますが、それくらい梱包に気を遣っているのと、高級感を醸し出すための演出に腐心していると考えられます。プラスチックの中はスウェードレザーの処理が施してあり、高級時計が鎮座しているような雰囲気がにじみ出ています。

 

その2に続きますよ!

Related posts: まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その2 Apple Watchは・・・ 知ってましたよ、Apple WatchでTESLAのコントロール