投稿カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

太陽活動

最近のガーデニング状況 秋

水菜

ブロッコリー

チンゲンサイ

Related posts: 最近のガーデニング状況

Space Battleship ヤマト 見てしまいました

宇宙戦艦ヤマトの実写版というやつですが、色々と事情がありストーリは改変されています。

古代進が木村拓哉という時点で、なにか胡散臭いものがプンプンするわけですが、なかなか突っ込みどころが満載の映画でした。まず、セットが小さい。司令室はあんなに狭かったっけ? で、この大きさからヤマトを見ると、船も小さい。宇宙船をなぜ戦艦大和の様に作らなければいけなかったのかという説明が省かれているので、原作を知らないと趣味に走った奇妙な形をした宇宙船で異星人にボロクソに叩かれながら航海するという変な話になってしまいます。

まあ、もともと酷評されていた映画だったので、あまり期待はしていなかったのですが、その割には出来はまずまずだったと思いました。ただ、邦画特有の不自然なカットや演技がいまだ健在で、スポンサーや事務所の顔を立てるストーリーの運びに関しては、もうしょうがないと諦めるしかないでしょう。もう少し船に重厚感は出せなかったのでしょうか? 日本のCGスタッフのレベルってこんなもの? どうでもいい伏線はもう少し端折って、見せなくてはいけない映像や大切な話は端折らないほうがいいと思いました。

佐渡先生、やっぱり太った中年オヤジを採用して欲しかったです。温水さんでも良かったよ・・・。え?

すぐに波動砲を使うのは、しょうがないんじゃないかな。だって、今までは「越後のちりめん問屋の隠居じゃないんだから、さっさと波動砲使えよ!」とテレビに向かって怒鳴っていたわけだし。

柳葉さんの演技は良かったですね。緒形直人さんの演技も頑張っていました。山崎努は、私が監督ならハリセンで殴ってました。(嘘) 原作ぐらいはチェックしておいた方がいい。

古代と森のラブストーリーはどうでもいいです。というか、ない方が良かったんじゃないですか? 不自然すぎるし。

あと、地球の司令室の人たちの演技、目が当てられないほどひどいです。それと、もうちょっと大きく作れないですかね? 報道陣の発表の時の、記者の数が少なすぎます。ああいうちょっとしたシーンを大切にして欲しいです。ラブストーリはカットしてもう少しエキストラ雇ってください。(また書いてるし)

書いているうちに、やっぱりこの映画はダメだったのではないかと思いだしてきました。んん? いや、頑張っていますよ。木村拓哉と緒形直人がワープによる回避でもめるあたりなんかは、カメラワークや演技も良かったです。でも、そんな演技を全部にわたってやることは難しいんでしょうね。

伊武雅刀の声、相変わらず良かったです。最後に「子供は嫌いだ!」ではなく、「地球人は嫌いだ! 足が臭い!!!」ぐらい言っても良かったですよ。

 

こんなかんじでどう?

Related posts:

No related posts.

フォトキナが近づいてきました

SIGMAからメールが届きました。DP1 quattroの案内とのこと。レンズの性能を見ると、目を疑うほどの素晴らしい特性。ちょっと心が動く。フォトキナではSD1 quattroが出るのかと思っていたのですが、そういうわけではなさそう。今回は、怒涛のズームレンズ群を発表するとのこと。どのレンズを見ても、素晴らしい仕事をしていることがわかる。値段・大きさ・性能といった様々な点から満足できる性能をたたき出している。

特に気になったのは、2xテレコンバーターと、18-300mmズームレンズ。SD1Merrillに使えるレンズは限られているので、(SD1の性能を満たす高性能なレンズがほとんど存在しない)期待しています。レビューを参考に、買うとなったら来年の夏ぐらいかな。マクロレンズもいいですね。

今は18-35mm F1.8 DC HSMと、M42マウントのZeiss単焦点レンズで楽しむことにします。

DP1 quattroどうするかな? しばらく様子見だな。うん。

Related posts:

No related posts.

iPhone6とiWatch

先日発表されたAppleの新製品ですが、正直驚きとか興奮とか、そんなものはありませんでした。想像できる範囲内の無難な製品でした。Apple自体はハードウェアや部品を作っている会社ではないので、既存の部品を組み合わせるしかありません。結局、テクノロジー的にも大きな飛躍は考えにくく、ソフトウェアとデザインでどこまでユーザーに満足できる体験を供給できるかが鍵になります。

iPhoneは、現在使っているiPhone5の画面に傷が入っているので、そろそろ買い替えと考えていました。しかし、そう慌てて買い換えるほどの製品ではないことがわかったので、来年まで買い控えしようと考えています。バッテリーがへたってきたら乗り換えでしょう。まだ縛られているしね。

iWatchは、まれに見るダサいデザインにびっくりしてしまいました。ただ、今まで噂に上がっていた想像上のiWatchのCGがよく出来ているというのが本当のところでしょう。iWatch買うかなぁ? 発売まで時間があるので、様子見ですね。それにしても、MacBook Air Retinaの発表はありませんでした。残念ですね。

Related posts: www.viunrtoah.comは詐欺っぽい 12インチのMacBook WWDCハードウェアの発表はなし

QSLprint1.01公開

僅かなアップデートです。Rmks.とコメント欄に複数行書き込むことができるようになりました。 もともと手書きを想定していましたが、大量に印刷するには現実的ではないと考え、この欄もプリントアウトできるようになっています。 今後は同じコールサインの複数交信を1枚のQSLカードにまとめる機能を入れたいと思います。 QSLprint1.01 (for Mac OS X)

Related posts:

No related posts.

ハムフェアに行ってきました

 

遅くなりましたが、先月ハムフェアに行ってきました。年に一度のアマチュア無線の集いといったとこでしょうか。アマチュア無線は知らないという方に説明すると、年に一度、8月の下旬に東京ビッグサイトという展示場で、無線機のメーカーやユーザーが集まって、新製品の展示や即売、活動の発表などを行うお祭りのようなもの・・・と言われても解らないと思います。

去年と今年、2回しか行ったことがないので、例年どのようになっているのかはサッパリわからないのですが、後ほどローカルの局長さんの話によると、「女性と若い人が増えた」らしいです。

世の中少子高齢化の波が押し寄せていますが、無線の世界は一足早く高齢化の波がやって来ました。自分と同年代の人と話すことは極めてまれな世界です。しかし、女性や若い人の声もたまに聞くことがあるのも事実です。どうやら、高齢化のピークは一息ついたのかもしれません。

今回ハムフェアに参加した目的は、以下の通り。

リッツ線・巨大フェライトバー・静音パドル・移動運用パドル・ドイツ製アンテナワイヤー・効率のよい小型HFアンテナ・モールス解読器

上記の中で、HFアンテナはいいものがなく、モールス解読器売り切れでした。リッツ線と巨大フェライトバーは、ゲルマニウムラジオを作るために購入。早速組み立てたところ、現在無電源でガンガンラジオがなっています。静音パドルは、GHDの光センサーと接点にゴムが埋め込まれたパドルを購入しました。(これが、一番高かった) 他にも、大理石と真鍮、アクリルで作られたパドルを購入、とても美しいです。移動用パドルもいいものが見つかりました。とても使い心地がよく、小さいです。ドイツ製のアンテナワイヤーは、大阪のウエダ無線より購入。今のところ扱いやすく、軽量で伝導率の高い高性能なワイヤーはこれが一番ではないかと思います。

とにかく歩きまわりました。疲れましたね。気になったことは、YAESUが新しいHF機を発表したこと。受信性能とかどうなんでしょう?あと、iCOM ID-51というD-STARハンディー機。50周年記念バージョンで、中身が少し違うらしい。限定生産というのもちょっと気になる。少しずつ変えてくるんだなぁ。D-STARは果たしていいものなんだろうか。

次のネタは、9月9日のiWatchでしょうか?

Related posts:

No related posts.