投稿カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

太陽活動

無線の移動運用の時に電源をどうするか悩む

移動運用で許可されている最大出力は50W。最近はゆけむりアワード、道の駅アワード、始発駅アワードといった、なかなかおもしろいアワードも見られるようになり、これを目当てに日々交信に励んでいる方も多いです。

で、サービスする側は、温泉や始発駅に移動してCQを出すわけですが、電源が結構大変なのです。50Wの出力とはいうものの、電波で50Wを出そうと思うと、無線機は少なくとも100Wほどの電力を消費するだろうし、ログを管理するコンピューターの電源も必要になります。となると、結構大容量の電源は必要になります。送信時に多くのエネルギーが必要になりますが、多くの電流が流れて電圧が低下すると、きちんと音声が電波となって出力されないかもしれないわけです。

そこで登場するのが、鉛蓄電池。12Vのものがほとんどなので、50Ahもあれば、600Wの電力を確保できます。しかし、実際は全部放電すると電池を痛めてしまうので、半分の300W程度しか使えないです。まあ、それだけあっても十分かもしれませんが・・・。

当局は12V 40Ahの電池に太陽光パネル50Wのものを組み合わせてQSOしています。晴れた日なら、これで半日は持つようです。

しかし、コンテストなどで24時間移動運用ともなると、バッテリーが大量に必要になるでしょう。物理的に無理かもしれません。そんな時に頼りになるのが発発、ガソリンエンジンによる発電機です。非常時にも使えるので、一家に一台は絶対欲しいアイテムと言えます。実際自分が使っているものは、40cc 4サイクルエンジンを積んだ発電機です。

この手の発電機としては最も小さく、最もかるいです。8.5Kgというのが購入の決め手になりました。常時出力が700Wは、外出先で使うには十分すぎる出力です。防音スポンジの箱を作って覆ってしまえば、色んな所で活用できそうです。

ノイズ対策として一旦バッテリーの充電に回してしまう。充電が終わったら無線機につなげる、つまり、電池をローテーションさせて使うとノイズに悩まされなくていいと思います。

Related posts:

No related posts.

新幹線大爆破でどっか〜ん

随分昔の映画ですが、「スピード」の元ネタと言えば、この新幹線大爆破。実は、この映画の作成に携わった人が、入院していた時の隣のベットのひとで、(映画のカナリ重要な人物とだけお答えしておきます)次から次へと映画界や芸能関係の偉い人がお見舞いに来ていました。

で、この映画の悪役が高倉健さんという、そりゃズルイよ! というキャスティングで、Wikiにも書いてありますが、ストーリが面白いのでぜひ演じたいというたっての希望というから、やっぱり名俳優は違うなと関心しました。

舞台はもちろん新幹線ですが、犯人との交渉は別の場所で行われています。で、その現金受け渡し場所が埼玉県寄居町という、まあ、こんなところでよくロケをしたものだと思いました。ヘリコプターが着陸するのは秩父鉄道の桜沢駅近くの高校。カインズホームの線路挟んで向かい側じゃ〜。トランシーバのロッカーは寄居駅じゃん! と、映画のシーンが手に取るように分かります。

映画自体は突っ込みどころ満載ですが・・・。海外での評価は高いようです。俳優の演技に関しては、高倉健さんが特に光っておりました。千葉真一は、乗客と一緒に新幹線から降りたほうがいいです。もう、新横浜あたりで降りていいですよ状態。丹波哲郎は、事務所の力関係でねじ込まれたのかなぁ? と、なんだか色々と勘ぐってしまいました。宇津井健は・・・まあまあかな。

特撮に関しては頑張っていたと思います。当時のできる限りの処理を行ったと思いますが、合格点と言えます。ストーリー展開にやや無理があったと思いますが、まあ内容も漫画みたいなものですから・・・。

で、新幹線大爆破といえば、関根勤の宇津井健と千葉真一の一人で二人ものまね。もう、悪意があるとしか思えないような会話。意味ねぇ〜の極みです。

Related posts:

No related posts.

新型「マツダ CX-3」を発売

なかなか、興味深い車です。マツダ車のデザインが好きです。

詳しいニュースはこちら

Related posts:

No related posts.

いけるか、あと2せき

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル、楽しみです。

 

Related posts: 機動戦士ガンダム0083 REBELLION (4) モバイルキーボードを考える デスストランディング Horizon Zero Dawn、これ大丈夫かなぁ? 気になる映画

沈丁花の挿し木

子供の頃から沈丁花の香りが大好きです。毎年花が開く頃にご近所さんなどから頂いていたのです。今年は挿し木をして沈丁花を繁殖させたいと思っています。挿し木をするシーズンは4月、7月頃が良いみたいです。フライングですが今日挿し木をしてみました。もし繁殖しましたらまた報告させていただきます。

追記 私は3月に挿し木をしたせいか、枯れてしまいました. 来年再挑戦しますね.

Related posts:

No related posts.

寝台特急が少なくなる

寂しい話ですが、寝台特急が次々と姿を消すようです。新幹線が走るようになると、日帰りが可能となってしまいます。しかし、早朝から有効に時間を使うということができません。そういう点では、寝台特急の魅力は十分です。問題は、新幹線で前日から現地に乗り込み一泊するという費用と寝台特急の利用料金が競合できればいいのですが、難しいというのが現状ではないでしょうか。サンライズ出雲・瀬戸が未だに生き残っているのは、新幹線と在来線の乗り継ぎでは不便で時間がかかるという絶妙な空白地帯に、飛行機の最終便より遅く出発できて飛行機の始発到着より早く現地に着く、しかも飛行場のような街から離れた場所ではなく目的地のど真ん中に着いてしまうという利便性が評価されているのではないでしょうか。この寝台列車、実は出雲とかではなく、神戸や岡山に行くにもとても便利な電車と言えます。こういったことが再認識されれば、この寝台特急列車も人気が再燃するのではないでしょうか。なにしろ、西日本に旅行に行くのは大変ですからね。

このように、夜中に移動して朝に到着するという旅行スタイルは、時間の有効利用にもなりますし、朝からしっかり現地の観光や仕事に専念できるという点もメリットが有ります。例えばですが、夜に横浜から車ごとフェリーで出発して、翌朝大阪あたりに到着するような便があれば、結構良さそうな気がしますが、ダメでしょうか。おそらく昔そのような便があったのでしょうが、様々な理由で廃止されたのでしょう。今のエコロジーとエコノミーな流れを汲んで、このような便が復活すれば旅行の幅も広がると思ったのですが・・・。

大洗から北海道に行くフェリーはあります。しかし、夕方出港して到着するのが翌日の昼というのがいただけない。もう少し速度の早いフェリーで、翌日朝に到着するような便は作れないものでしょうか。12時間では着かないというのが残念です。車と一緒に移動できるというのはとても嬉しいのですが・・・。

Related posts:

No related posts.

新しいページが立ち上がりました

テスラ総統の活動記というページを作り始めました。

雰囲気としては、あの「総統」が語りかけるような感じで話が進んでいくものと思っていただければ・・・。

まだ数ページほどですが、今後20ページほどまで増やしていきたいと思います。

Related posts:

No related posts.

実はマンホールの蓋は・・・

およそ1万箇所につき1箇所はUFOの発射基地になっています。みんな、地面をよく見よう! (ウソです)

こんな都市伝説を勝手に作るのが大好きなのですが、微妙なウソを言ったところ、本当と勘違いして困ったことがあります。

ほかには、こんな都市伝説を作りました。

京都タワーの展望台は、夜になると疲れるので下に降りる。 今でも日本の人口の100万人に一人は忍者が紛れている。

結構京都タワーは直ぐにバレますが、オーストラリア人に忍者ネタを言ったところ、しばらく信じてもらえました。ごめんなさい。

しかし、甲賀の忍者は一人だけ伝承されていて、日本史の研究をされているんですよね。これ、ホント。もう、今の時代には不要な技術なので、伝承しないとのこと。

みなさん、楽しい嘘をつきましょう!

Related posts:

No related posts.

Kindle for Mac

是非、ムーのようなブログにしましょう(笑)

ネットのニュース記事で知ったのですがKindle for Macがリリースされています。

ダウンロードはこちらです。

私はKindle Paperwhiteを持っているのですが、雑誌が読みづらかったのです。MacBookで読んでみましたがカラーで小さい文字も読めて良かったです。

小さい文字がどれくらい読めるのか発売の噂が出ていますMacBook Air Retinaでどのように表示されるのか知りたいですね。

Related posts:

No related posts.

学研におけるムーの立ち位置が気になる

大人の科学など、硬派な内容が多い学研ですが、このムーだけは別格です。超常現象を主に扱っており、UFOや心霊現象など怪しい情報で満たされています。きっと、ムーの編集部は社内でも肩身の狭い思いをしているのだろうと想像します。

ムーにかぎらず、世の中組織の中で浮いてしまって肩身の狭い思いをしているところは結構多いのではないでしょうか? いや、ムーが本当に肩身の狭い思いを受けているのかどうかはわからないのですが。でも、結構小さな本屋でもムーを見つけることが多いので、それなりに購読者はいるのでしょうね。逆に考えると、唯一無比な存在が生きながらえる秘訣なのかもしれません。このブログもムーのような存在でありたいです。

いや、決して超常現象を扱うわけではないですよ。なんなら、ピラミッドパワーでも書きます?

子どもと一緒に楽しめます!

これですよ、この怪しさ!

Related posts:

No related posts.