投稿カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

太陽活動

Appleストア銀座に行ってきました

Apple Watch見てきましたよ。なるほど、表面のガラスは四方が滑らかに湾曲、本体のステンレスと一体化しており、その金属部分は滑らかに磨かれています。お店の中は相変わらずの賑で、新製品を一目見ようと、Apple Watchの周りにはたくさんの人でごった返しておりました。動きはスムース、Pebbleと違い、質の高い体験を得られるところは、さすがだと思いました。バッテリーですが、実は普通に使うと翌日まで持つということが、他の人の使用体験から明らかになっています。一日持たないかもというのは、相当酷使すればとのことで、実はそんなに心配ないかもしれないという気がしてきました。

MacBook Retinaはディスプレイなし。展示の目処は立っていないとのこと。そうかぁ、残念。Airとの表示品質の違いをこの目で確かめたかったのになぁ。

銀座に行った理由は、新製品を見たかったからではなく、MacBook Retina の修理のためです。今朝起きて予約の変更をしたら、キャンセルが入ったのか本日の昼に空きが生じていました。今日中にこの問題を解決するんだと自分に言い聞かせて、バタバタと支度をして銀座。高級車が走る路地の横を、フリースを着たおっさんが黒いかばん片手にいそいそとApple Storeに吸い込まれるように店内に入っていったわけです。4階のジーニアスバーでMacBook Pro Retina 15インチを開けて待っていると、程なくして「天才」がやってまいりました。事情を説明し、Thunderboltに検査ケーブルを差し込んで起動しようとすると、

店員:んん?

自分:どうしたんですか?

店員:あれ?!

自分:何かあったんですかっ!

店員:ありゃりゃ!

自分:どうなっちゃったんですかーーー!!!

と、会話にならないやりとりが続きました。実は、検査ケーブルを使って検査をする前に電源が落ちてしまうので、検査どころではないとのこと。故障は無償修理の範囲を超えて、マザーボードの交換の可能性が高いことを告げられたのでした。しかも、その場での修理はできないとのこと。

現時点での修理見積額は42,120円。故障したまま放っておくわけにも行かないので、とりあえず大事なMacBookを1週間預けることになりました。

ところで・・・。Apple Watch、実物見ると、やっぱり欲しくなっちゃうよなぁ。どうする?

Related posts: ぎっくり腰で寝込んでいる状態 MacBook RetinaとApple Watch どうする? MacBook Pro Retinaの修理が完了 12インチのMacBook まさかの、Apple Watchが出荷開始直後にやってくる その1