投稿カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

太陽活動

最近デジカメを持ち歩かなくなった理由

写真はきれいな方がいい。でも、荷物は軽い方がいい。この2つの妥協点はどこか? とかんがえると、答えがなかなか見つからない。写真というのは趣味性、嗜好性の高い分野だと思います。極めればきりがないのです。以前は結構画質に拘って、かばんには必ずSIGMAのDPシリーズを入れて、気に入った風景を記録していました。

最近は、動画も撮れる(子供と一緒に行動することが多い)ということから、SonyのRX-100M3を持ち歩いていたのですが、あるソフトに出会ってからこのカメラの出番もめっきり減ってしまいました。

もし、あなたがiPhone5以降のユーザーならラッキーと言えます。その出番を激減させたものとは、iPhoneのアプリ「Cortex Camera」というものです。

このアプリは多重撮影を行い、独自のアルゴリズムで画質のノイズを減らすとともに、精細度を向上して画像を出力します。特に暗い場所での撮影に威力をはっきりします。標準のカメラアプリではノイズだらけになるような薄暗い場所の撮影も、このアプリを使えば暗いところは暗く、それでいてノイズは少なくなり暗所のディテールがきちんと確認できるようになります。もちろん、明るいところで撮影すれば、とても小さくて細かい部分まで鮮明に出力されるのです。標準で入っているカメラアプリより画像解像度が上がり、更に画質も飛躍的に向上しているわけですから、もう内臓のカメラアプリは全く使っていません。バーコードの読み取りぐらいなもんです。

精細な写真がすきなので、このアプリで風景を撮影することが多くなりました。しかし、このアプリにも弱点はあります。それは、動くものに弱いのです。最初に多重撮影を行うと書きましたが、このアプリは静止している風景を何枚もとって、合成するという手法を撮っています。したがって、何枚も撮る数秒間は動いてはいけないのです。それに、撮影者もiPhoneを動かしてはいけません。そういった点では、やや癖のあるアプリと言えましょう。しかし、きれいな写真がとれた時は、嬉しいものですよ。

Cortex Cameraカテゴリ: 写真/ビデオ現在の価格: ¥360

 

 

Related posts:

No related posts.