投稿カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

太陽活動

Pentax K-3 IIが発表

全くマークしておりませんでした。さて、Pentaxから久々のフラッグシップ機です。K-3の改良版かと思っていたのですが、その機能を確認したところ、驚愕の性能向上を知ってしまいました。 GPS内臓でアストロトレーサーが標準とか、細かなバージョンアップは正常進化として納得です。しかし、一つ聞き捨てならないテクノロジーが採用されているのがわかりました。「リアル・レゾリューション・システム」というものです。ベイヤーの画像素子はRGBすべての色情報を捉えることができません。RBGどれか一つです。このことが、モアレや偽色といった問題を常に生じさせているわけです。そこで、この新たなシステムは、1枚の写真を撮影するのに位置ピクセルずつずらして4回写真を撮影、そしてピクセル毎のRGBを取得して各ピクセルの「本当の色」を記録するというのがこの特徴なのです。サンプル画像を見ましたが、恐ろしいほど細かな部分までピクセル単位で描写されており、身の毛のよだつ感動は、SIGMAのMerrill以来と言えます。

まじめに撮影すれば、中盤の画質を簡単に超えてしまいます。もちろん、精細な画像素子に対応できる高性能なレンズが必要ですが、サンプル画像では既存のレンズで撮影しているようです。この精細な記録にレンズが耐えられるということなのでしょうか。

SIGMAにこだわる理由はなくなったかもしれませんが、画像素子独特の色合いというのが、今後の機材選択の要となりそうです。リアル・レゾリューション・システムが理論通り動くと仮定すると、市販されているカメラでK-3 IIより細やかに映像を記録できるカメラは存在しないかもしれません。

PentaxのKマウントはかなりレンズ資産を蓄えているので、これを期に再びPentaxメインで写真を撮ろうかと考えています。

Related posts:

No related posts.