投稿カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

太陽活動

ミクロの決死圏を観る

名作と言われているこの映画。小さくなって体内に入りレーザー光線を当てて頭蓋内血腫を除去するという、絶対無理な設定の映画ですが観てしまいました。

潜水艦に外科医が乗り込んで小さくなるというコンセプトがいいのですが、この小さくなる以外はかなりのローテクぶりで、当時の医学知識でもこれはないやろ! という雑な作りと解釈に、昔はこれでも受け入れられたというおおらかな空気に羨ましさを感じます。

そして、外部と通信するのにCWを使うというのも、どうかと思ってしまう。聞いてみたのですが、TION とか、PRT Kとか、暗号のようなモールスを打っており、このモールスに対して結構複雑な情報を通信士がしゃべっているのです。とっさのアクシデントのCWでさえ、この意味不明な略語を使って、複雑な事情を送っているのには、無理があると思うんですよね。昔、漫才で現地の言葉は短いのに日本語に翻訳するとむちゃくちゃ長いというのがありましたが、それに近いものがあります。

今のCGでリメイクしても、飛躍があり過ぎて怒られるだろうなぁ。

Related posts:

No related posts.

アンテナで最近の傾向を探っていると・・・

ハムフェアでググっと来るアンテナがなかったという話がありました。仕事先の休み時間の間に無線をたまにやるのですが、ステンレス線で引いたEFHWアンテナのワイヤーが弛んでしまい、メンテナンスが楽でノイズに強いアンテナはないものかと探していたら・・・。

見つかりましたよ! 詐欺サイトが!!!(そっちか!)

もう、最近は雰囲気でわかっちゃうんですよね。

http://www.yaesumesennki.com

yaesumesennki株式会社

〒460-0012 愛知県名古屋市中区大須 3-14-45 第二アメ横ビル 2階

TEL:052-262-9331 FAX:052-263-1727

店舗運営責任者:櫛田 雅史

店舗セキュリティ責任者:櫛田 雅史

というサイトですが、多分八重洲無線機のローマ字書きを目論んだんでしょうが、思いっきり外しています。この時点で「このサイト、怪しい」となるわけですが、扱っている商品はまともで狙いはいいでしょう。ここでワンポイントですが、http://sagisite-stopper.dt8.info/list20.htmlというサイトに詐欺サイトのリストが載っています。傾向を見ると、釣具と無線機は格好の詐欺サイトターゲットとなっているようです。おそらく、釣り愛好家および無線家も高齢化がいち早く進んでおり、振り込め詐欺と同じで騙しやすいのかと思います。

サイトには住所と電話番号、担当者が書いてありますが、それらしいものを捏造しているようです。ごっそりパクったわけではないです。電話番号はUFJ銀行栄支店との噂です。櫛田雅史さんという名前が書いてありますが、犯人の手口としては過去に被害にあった人の情報を利用する傾向がありますので、ひょっとするとそのような流れで利用されているかもしれません。大変気の毒です。

で、オーダーかけてみますので、続報をお待ちください。

 

Related posts: www.viunrtoah.comは詐欺っぽい

ハムフェア2015に行ってきました

年に一度のお祭とでも言いましょうか、アマチュア無線家にとってハムフェアとは大事な日でもあります。

 

 

今年は例年と比べて少ないのかと思いましたが、去年より多かったらしいです。2年前初めてハムフェアに行った時は、ちょっと度肝を抜かれる思いでしたが、昨年は少し余裕を持ってみることが出来ました。今年は、まあ大体のことは予測できるので、落ち着いてブースをまわって見てきました。クラブの勢いが少しおとなしかったのかなと思いましたが、何も発表も出店もしない自分が偉そうに評論家気取りで批評を行うのもみっともないと思いますので、そんなことは書きません。いや、正直、ブースを持って何かをやるというのはエネルギーがいることなのです。この日のために何日も準備するわけですから、その苦労は計り知れません。正直、お疲れ様でしたと心から申し上げたいのです。

新製品、出ましたね。ICOMのIC-7300。特筆すべき点は、RFをダイレクトにサンプリングしてデジタル処理を行うこと。今まではコストの関係で中間周波数まで落としてサンプリングをしていたと思いますが、ダイレクトに取り込むことができるようになったんですね。その成果が信号を再生しながらウォーターフォールの表示が可能になったこと。でも、これって中間周波数でも可能なのではないか? と思うのですが、私の勘違いでしょうか? やっぱり勘違い?

無線はアンテナでほとんど決まると言っていいと思うのですが、ぐぐっとくる魅力的なアンテナが見つかりませんでした。自作のアンテナで結構いいパフォーマンスを出しているので、市販のアンテナを頼らなくても良くなったからかもしれません。たたんでコンパクト軽量、展開して大きく放射特性がいいアンテナなんて、なかなか市販品では無いですからね。

というわけで、今年のハムフェアで買ったものといえば、遮蔽型ヘッドホンマイク、KENTのパドル、円筒形の静電パドル、モールス解読器、グラスワイヤー、あとは自作に必要なトロイダルコアや線材などかな。来年はもっと時間に余裕を持って行きたいですね。

Related posts:

No related posts.

Li-FePO4 12V 40Ahの蓄電池を作る計画

アマチュア無線で、移動運用に使う電池を現在の鉛蓄電池からLiFePO4のものに切り替えようと考えています。緊急時にはTESLAの充電も可能なように設計したいと考えています。

まずは、12V 40Ahのものを作りたいと考えています。予算は2-3万円程度です。この企画に乗ってみたい方(自作なので、電気の知識がないとダメですが・・・)連絡お待ちしております。

LiFePO4充電池は、Li-ionほどの体積あたりの容量はありませんが、爆発などの危険性が少なく、1000回以上の充放電に耐えられる安全な電池と言われています。40Ahもあれは、HF無線機の50W送信で一日中サービスが可能だと思います。なにより、鉛蓄電池よりは軽いので魅力的な電池だと思います。もちろん、鉛蓄電池より高いのは承知ですが、長い目で見ると寿命が長いのでランニングコストはかなり低く、軽くて安全というのが利点と言えます。

Related posts:

No related posts.

Spot溶接機の回路図

自作したSpot溶接機ですが、その回路図を掲載します。簡単な回路なので、手書きにしました。参考にしていただければと思います。オリジナルはココのものです。

Related posts:

No related posts.

私も動画のテストです

テストです.

Segment_0002 Related posts: テスト(PS4)

動画の投稿を始めました

というわけで、テスト投稿します。

この画像は、MacBook Retina 15インチで録画ソフトScreen Recorder ToolとTomb Raiderを同時に動かして記録したものです。音はSound flowerを使って流し込んでいます。

尚、普通にプレイするのであれば、画質を最高解像度に設定しても動きは非常に滑らかで、空気の質感まで表示される細かさです。しかし、録画となると、残されたマシンの能力で記録するため、大変粗くコマも少なくなってしまいます。

今回アップした動画は、プレイヤー自身が体験するものとは全く異なる極めてクオリィティーが低いものであることを承知ください。

Test movie Screen Recorder Tool Liteカテゴリ: ビデオ現在の価格: 無料 Related posts: 私も動画のテストです 公式サイトでカウントダウン 12インチのMacBook 新型「マツダ CX-3」を発売 今年のガーデニング

Tomb Raider Underworldにハマる

何年ぶりでしょうか、新たに3Dアクションゲームをしたのは。Mac版HALOで時間が止まっていたのですが、ある日きれいなグラフィックでストーリーが面白そうなものはないかなとAppストアを見てみると、TombRaider Underworldが目につきました。人気No.1 とかいてあり、そんなにすごいのかと騙されたと思って購入しダウンロード。MacBook15 Retinaにインストールして起動してみました。想像以上の画像にちょっと驚いてしまいました。

TombRaiderシリーズは初めてのプレイで、前作までのストーリは全く知らない、しかもオープニングの映像を見るのを忘れてしまった、そして、ストーリは全部英語(字幕はついています)ということで、何がなんだかわからないままとにかく始めることに。つい先日なんとかクリアして、ちょっと一息したところです。

この手のゲームをすると、行き詰まってしまうことがよくあります。そんな時に重宝するのが、ゲーム実況動画というものです。他のプレーヤーがどんな思いでクリアしているのかといったことも聞けたりするので、私は結構好きだったりします。自分でもこの実況を録画できないかと思い、Soundflower+LadioCastというソフトを使って全画面録画にトライしましたが、音声にプツプツという雑音が入り、とても耐えられない状況となりました。現在調査中ですが、サウンドの問題をクリアしないと納得ができませんよね。

Tomb Raider: Underworldカテゴリ: ゲーム現在の価格: ¥2,400 Related posts:

No related posts.

TESLA AWD modelS 納車8月下旬より始まる

いよいよ納車が始まるようです。1年以上待った方もいるのではないでしょうか? こちらも1年とまでは言わないものの、結構長く待たされました。推測にすぎないのですが、後輪駆動から四輪駆動に変更が加わった時点で、オーダーを変更した方が多いのではないかと思います。さらに車両価格が2度にわたって変更になるなど、悩ましいことが生じてしまいました。為替レート変更後は特に変更を加える事はなく、ただじっくり待つのみとなりました。それでも、いくつか注文を付けたため、ラインナップではありえない構成で車が作られる運びとなり、おそらく自分の仕様と同じ車は世界に走っていないのではないかと思います。とはいっても、組み合わせが独特というわけで、なにか特別な装備が備わっているというわけではないのです。数日前より工場で作り始めたとMyTESLAの情報が変更されたので、おそらくあと1週間で完成すると思われます。それから、日本まで海上輸送。そして、日本で様々な調整と検査、そして申請などが済むと引き渡しとなりますが、担当の方の話によると、納車は10月頃になるのではないかとのこと。

自動運転になるので、通勤がかなり楽になります。移動時間がさらに有効に使えると期待しています。

Related posts: TESLA JTBおでかけカードによるチャージ料金を当面無料に! TESLA 加速性能の向上と航続距離の向上のアナウンス 風邪を引いてやる気が起きません

Spot溶接機を作る

 

長年作りたいと思っていたSpot溶接機が完成となりました。

もともとは、ココのページを参考にFET等より条件に合ったものに変更を加えました。秋月電子で売っているNch パワーMOSFET IRLB3813PBF(30V260A)という庶民が使うFETとしてはちょっと手におえなさそうなすごいものです。でも、売っているんですよね。お陰でパラ接続しなくても単体で十分な電流のコントロールができるようになりました。先ほど紹介したページに習って、多少抵抗値を変えたりしましたがおおよそ同じ部品構成で作り上げました。

電源を入れると、ウェッジ球がほのかに点灯した後すぐに消灯。うまく行っているようです。スイッチはフットスイッチを使っています。まずは金属に当ててスイッチを押すと、軽い振動とともに電極の先から火花が生じました。どうやら成功のようです。FETはアルミニウムのシャーシにつけてありますが、ほとんど放熱は認めません。素晴らしいです。

後日ニッケルタブが届いたので、試しに溶接してみました。しかし、うまく行きません。どうやら熱量が少なくて溶接できないようです。12Vの電圧ではダメなので、24Vまで昇圧(エネルギーは4倍に増えます)して再度挑戦しようと思っています。もちろん、ウェッジ球は24Vのものに変えないダメですが・・・。

この機械を使えば、半田ではできなかった接続が可能になります。より強固な接続も可能ですし、部品にダメージを与えること無く溶接ができるようになります。

まずは、リチウムイオン電池のタブ溶接を行って、かなり古い無印良品の掃除機を修理したいと思います。

Related posts:

No related posts.