投稿カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

太陽活動

電気自動車で2泊3日の旅行に出かける

遠いところではないのですが、関東の奥座敷「秩父」にTesla Model Sで旅行にでかけましたので、その充電に関する顛末をお伝えしようと思います。電気自動車での旅行に不安を感じている方に、実際はどんなものか感覚を掴んでいただければと考えています。

今回の旅は3連休に設定しました。東京を朝の8時半に出発。バッテリーは9割近くまで充電を済ました状態です。関越道で大泉から花園インターまで移動しますが、途中事故渋滞が発生し、鶴ヶ島JCから川島ICに行き、そこから東松山まで下道を通ることになります。

寄居に到着は11時頃、完全にスケジュールが乱れてしまいました。昼ごはんも近いことから、寄居の風布にあるニジマスの釣り堀で釣りを楽しんで昼食を摂ることにしました。昼過ぎからは日本最北限のみかん園でみかん狩りを楽しみました。

この時点でバッテリー残量は2/3ぐらいになったので、翌日の行動に支障が出ないように充電することにしました。最初に行ったのは、花園IC近くの三菱自動車。ここは50KWhの出力があり、本田の工場と並んで有力な充電場所でした。しかし、エラーが出て充電できず。CHAdeMOでしたが、うまく通信できないようです。明日以降の旅行に不安を感じましたが、ダメなものはしょうがないので、お店にはお礼を言って秩父に移動することにしました。

Model Sには、充電ポイントが画面上にアイコンとして表示されるのですが、その場所は過去に充電が複数回成功しているところが登録されている、もしくはうまくできる充電器が置かれていることがわかっている場合のみ表示されます。ということは、画面に表示されていない充電スポットもうまくいく可能性があります。うまく充電できると自動的にその情報がTeslaのサーバーに送信され、充電状況の確認が取れたものからスポットを追加することになっています。

さて、車のナビ上に表示される充電スポットですが、日産の充電器も表示されるようになっています。ところが、日産の充電器の使用条件は、自社の電気自動車は無料で、ビジターは有料となっているの(らしい)です。以前日産の充電器を使った時、「おでかけcard」を使うこと無く充電が始まり、お店の人に料金が請求されなかった旨を伝えると、「いいですよ」と言っていただいて充電を完了した事がありました。日産は太っ腹です。ありがとう、日産。日産バンザイ。

全国EV・PHV充電まっぷカテゴリ: ナビゲーション現在の価格: 無料 初日は充電できないまま宿に泊まることになりました。秩父市内で一泊した後、まず行ったところが「道の駅あらかわ」。ここに200Vの普通充電器があるので、朝食を取りながら少し充電しようと考えました。しかし、結果はNG。普通充電器でできなかったのは初めてなので、不安が増幅します。なにせ二回連続で充電に失敗しているので次の充電で確実にしたいところです。ちなみに、「道の駅あらかわ」は食事がおいしく、特産品も充実しているのでおすすめです。国道から少し奥に入って踏切を超えたところなので立地的には不利なのですが、大変な賑わいでした。 次に向かったのが秩父ミューズパーク。立地や土地の形状からゴルフ場になり損なったところではないかと推測するのですが、市が運営する巨大な公園です。人が少ない芝生のところで子供とフリスビーをして楽しんだ後、長瀞方面へ移動。途中「道の駅皆野」に立ち寄り少し充電。更に長瀞役場でCHAdeMOによる急速充電を行い旅に余裕ができました。3/4ほど充電ができたところで、小洒落たイタリアンのお店で昼食をとりました。 ここからは山道になります。この旅の本名、冬桜を見に神川に移動します。バッテリーに余裕ができたので安心して山道を走行。途中「道の駅上州」でダメ押しの充電を行いました。ここで3D映像を見たり(期待してはダメです。家にあるビエラの3Dの方が綺麗です。それより、内容が・・・)コーヒーを飲んでくつろぎました。(コーヒーは豆を挽いてペーパーで淹れてくれるので、とても美味しいです。) あとは山奥の宿に泊まって自宅に戻りました。帰宅途中、「道の駅芦ヶ久保」で充電、30KWhもの速度で充電できたので、大変有り難かったです。 今回電気自動車の充電に注目しましたが、2泊3日であれば、途中1回どこかでCHAdeMOの充電が確保できれば支障なく移動できることが後ほど計算してわかりました。ただ、旅行というのはどのようなアクシデントが生じるかわからないのも事実です。1日1回何処かで充電するように計画をたてる必要があるでしょう。CHAdeMOの普及は眼を見張るものがあります。人里離れた山奥にまで置いてあることがあります。道の駅であれば、なにかしら充電器が置いてあるものです。電気自動車でも遠距離の旅行は問題ないことを確認することができました。 Related posts: Model S 70D発表 TESLA JTBおでかけカードによるチャージ料金を当面無料に! Apple Watchとテスラ