投稿カレンダー

2016年2月
« 1月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

太陽活動

SIGMA SD Quattroが発表される

SigmaのカメラはSD 1 MerrillとDP 1 Merrillを愛用していたわけですが、複数のカメラを所持するというのはコストがかかります。ブログでQuattroのセンサーがいただけないと書きましたが、もう一つはカメラが高いので敢えて手を出していなかったのです。(負け惜しみです。はい。)

先日、SIGMAからSD Quattro と SD Quattro H というカメラを発表しました。2機種の違いはイメージセンサーの大きさのみ。Hは一回り大きいサイズで、APS-Cとフルサイズの中間の大きさです。十分な大きさだと思います。ミラーレスなのにフランジバックの距離が短くないというのは、SIGMA側の事情ということで仕方ないでしょう。新たなレンズラインナップを構築するだけのパワーが足りないのと、Fovionというセンサーが高いテレセントリックを要求しているあたりが原因と考えます。(以前画像周辺の緑被りが問題となったこともありました。)

DP Quattro + SD 1 Quattro(もしあればですが)= DP Quattro Hというふうに勝手に捉えて、今後はDP Quattro Hをメインの機種に据えたいです。

PENTAXフルサイズも使うんですけどね。そんな時間ないかなぁとも思うんです。

Related posts:

No related posts.

最近全然写真を撮ってないです

寒いので表に出るのが大変なんですよ。そんな年寄り臭いことを言ってはダメですか?

SIGMAはDP1 Merrillから全く時間が止まったままで、新たな買い増しは行わず、ひたすらこのカメラでとっています。SONY DSC-RX100M3も小さいので気軽に撮るならこのカメラをポケットに入れて散歩したりします。

SIGMA熱が少し覚めたのは、Quattroのセンサーがどうも気に食わない事が発端でした。青色は解像度が高いですが、他の2色は4ドットがひとまとめになっているのが納得できなかったからです。発売初期の画像はやはり懸念したとおりで、拡大すると無残な色のにじみが問題となりました。最近は現像ソフトの改善で発色やにじみが少なくなったとのこと。

桜の季節が近づくと、新しい写真機で撮りたいと考えてしまう自分がいます。今年はPENTAXが渾身のフルサイズを投入することがわかっています。恐らく高解像度のモードも有り、FOVIONと同じように色情報を垂直に取り出すことが可能となるでしょう。OLYMPUSの様にもっと高解像度を出力できるようになるかもしれません。

あとは、DP1 Quattroに手を出すかどうかです。ただ、慌てる必要はないです。Merrillがとても良い絵を出してくれますから。今年は無線よりも写真が熱い年になりそうですよ!

Related posts: 三寒四温

巨大恵方巻きでぐったり

節分で恵方巻きを食べるという、海苔業者が一儲けを企んだ企画物ですが、最近は巻いているものなら何でも便乗ということで、ロールケーキ丸かぶりという糖尿病大量発生のような危険なものまであるようです。

2月3日、人間ドックに行ってきたのですが、なんであんなに朝早くから検査するんでしょうかねぇ。職員もいるわけですから、みんな8時ごろには病院に着いて仕事しているわけですよ。すごいですね。次から次へとめまぐるしく検査を受けて、最後は胃カメラとなるわけです。

「鼻から入れますか? それとも、口から入れますか?」と言われて、普通なら鼻からして欲しいと思うのですが、その後に「鼻からのカメラは細い分画質が落ちるため、時間がかかり診断の精度が落ちる可能性があります。」と言われるのです。それって、太くて苦しいけど口からカメラを入れて検査受けた方がいいですよって、言うのと同じですよね。でも、診断精度が落ちるって・・・。今時そんなことってあるんですかねぇ?

結局なが〜〜〜い恵方巻きを一気飲みですよ。検査終わった時には、涙が出てましたよ。

Related posts:

No related posts.

SDR ラジオが故障

RAD-F325N(TECSUN PL-100)というコンパクトで選局のキレが良いラジオがあります。結構好きで、常に持ち歩いていたのですが、ある日うんともすんとも言わなくなりました。液晶にも何も表示が出ない。あーあ、中華製のラジオというのはこんなものかと諦めていました。電池も変えたのですがねぇ。分解しましたが手がかりなし。DSPですからね。見てもわかりませんよ。

しょうがないので、電池ボックスのプラスとマイナスをショートさせて、DSPのチップをリセットすることにしました。そしたら、なんと動くようになったのです。拍子抜けです。でも、このようなトラブルを考えると、緊急時に使うラジオとしてはDSPラジオはお勧めできないです。

さて、ワイドFM(FM中継補完局)の送信が始まりましたが、このラジオも受信することができます。電源がOFFのときに右上のボタン(バンド/ATS)を長押しすることによって、FMの受信範囲を変えることができます。ただし、範囲の指定によってはAM放送の受信間隔が9KHzから10KHzに変わってしまうことがあります。FM受信範囲が広がって、かつAMが9KHzの間隔で設定できるモードが有りますので、何回か押して試してください。

Related posts:

No related posts.