投稿カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

太陽活動

SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う

写真を撮るときに、大きな展示物を画面いっぱいに収めたいにもかかわらず、これ以上後ろに下がれないという場面は多いと思います。室内の博物館ならなおさらです。そんな時に役立つのが「超広角レンズ」です。でも、そんなレンズを作ろうとすると、無理がかかって大きくなってしまいます。大きいレンズというのは高い。つまり、買えない。

そんな大きくて高いレンズを安価に作っていくれている会社が韓国にあります。タイトルにあるSAMYANGというのがそれで、PENTAX Kマウントに14mm F2.8という超広角で明るいレンズを提供しています。もし、これを日本の会社が作ったら10万円はくだらないでしょう。でも、この会社は3万円で作っているのです。ということは・・・。何か裏があるわけですよね。その裏を確かめるべく、今回旅行にこのレンズを持っていくことにしました。

さて、その実力はいかほど?

Samyang 14mm F2.8 F2.8

この写真は、成田の航空博物館での写真。薄暗い室内で絞りは開放となりました。意外とよく写っていると思いません? これで3万円なら納得?

まだまだ撮ってきましたので、もうちょっと紹介します。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 キヤノン EF用 フルサイズ対応 SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ペンタックス K用 フルサイズ対応 Related posts: SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その2 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その3 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その10 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その4