投稿カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

太陽活動

手を出してはいけないEA

MT4でEAを作っていくと、「俺って天才?」と勘違いするプログラムができたりします。そんなプログラムほど、危険な罠が仕込まれているというものです。

巷で紹介されている一見良さそうなEAですが、わかる人が見ると絶対手を出してはいけないというEAがあります。その例をいくつかお話しましょう。

 

1.一直線にお金が貯まるタイプ

バックテストでこのような結果を見たら、まずおかしいと疑ってかかるべきです。話が旨すぎだと思いませんか? 全ての取引に利益が出るなんて、神でもない限り不可能です。この手のEAは、ナンピンをして誤魔化しているか、塩漬けで難を逃れているタイプと考えられます。とてもリスクが高いので、避けるべきEAです。

 

 

 

 

2.急に利益が上がるタイプ しかも減らない このタイプは、ナンピンを積み重ねて、ある時思うように相場が動いて、一気に手仕舞いというのを繰り返しているタイプだと考えられます。そして、マズイのが落ち込みがないという点です。落ち込むとナンピン買いをして塩漬けのパターンなので、逆の相場が進行すると、大きな損失をかぶってしまい、二度と立ち上がれなくなる可能性があります。

 

 

 

3.ほとんど直線で、時々落ち込むタイプ

これもやめたほうがいい。見かけは順調ですが、何か人為的なものを感じます。上の2つと同じアルゴリズムの可能性があります。

 

 

 

 

 

 

では、どんなグラフが良いのかというと、こんなかんじです。

一見頼りなさそうに見えますが、これが本来の人間の取引に近いグラフですし、このような結果のEAを使うべきです。以下のポイントをみてください。

1.両貨建ては避ける

2.複数のオーダを抱えるEAは使わない

3.人間の感覚に合ったオーダーを出すタイプがいい

 

これらの条件を満たすEAは、トレンド追随型となります。無茶はしないほうがいい。

皆様にもいいEAが出会えますように。

 

Related posts: Webアプリを手っ取り早く作りたい その1 […]