投稿カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

太陽活動

すごい面接

「我が妻との闘争」の作者である呉エイジ氏が書かれた短編集を読みました。

各話の感想です。

すごい面接ーーーとにかく笑えます

手作りの人形ーーー愛情表現の行方

ボランティアの案内おじいいさんーーードリフのコントのように面白い

朝の風景ーーー心がほっこりします

愛国心の果てにーーー今の時代に生きる大人達に

この短編集のKindle価格101円です。

面白かったのでブログに書いてみました。

 

 

Related posts:

No related posts.

Spot溶接セットおよびQRP End-Fed アンテナ・チューナー頒布について

Spot溶接の基板頒布ですが、部品も含めて欲しい希望がありましたら、その旨をおっしゃっていただければ、FETおよびコンデンサー等まとめて頒布いたします。尚、現在頒布は一旦休止、再度頒布は2016年9月中旬以降です。

更に、QRP End-Fedアンテナ・チューナーのセットも頒布予定です。2013年ハムフェアのA1クラブで頒布されたJA7QIL 設計 EFHW QRPアンテナチューナーを参考に、3.5MHz(80m)でもQRVできるような改良を加えたものになります。もちろんSWRチェックの回路も入っています。すこし実験を行ってから頒布予定なので、9月下旬以降になるとおもいます。興味ある方はご連絡ください。値段はキットで2000-3000円あたりになると思います。

このEFHWアンテナチューナーを作ろうと思ったきっかけは、夜間3.5MHzでのQRVを行いたかったというのと、GPやループなどいろいろと移動先で試したのですが、簡便さと性能を天秤にかけると、このEFHWに行き着いたというわけです。(性能では、ダイポール及びV型ダイポールが素晴らしいです。)

また、年末にはこのEFHWタイプのATU(オートアンテナチューナー)を計画しています。設計は全く別物になりますが、一度設置したらメンテナンスフリーになるようなものを考えています。

Related posts: Appleストア銀座に行ってきました

日曜の朝は釣りですね!

今朝起きたら、こんなメールが届いていました。実際は、グラフィックも多用していて綺麗なHTMLメールになっています。

 

*******************************************以下引用*******************************************

 

こんにちは、メンバーズ事務局です。

お客様がログインされたスクウェア・エニックス アカウントの接続環境が変化した、もしくは不審なアクセスを検知したため、ログインが制限されました。ログイン制限を解除するには、以下の手順に沿ってセキュリティ対策とパスワード再検証を行ってください。

スクウェア・エニックス アカウントの検証を完了するためには、下記のURLをクリックしてください。

https://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login?cont=account

※上記URLをクリックしてもページが開かないときはURLをコピーし、ご利用のウェブブラウザーのアドレス入力欄に貼り付けてお試しください。※上記URLは、送信より24時間経過すると無効になりますので、有効期間内にURLをクリックしてメールアドレスの登録を完了させてください。

※ 本メールの著作権は株式会社スクウェア・エニックスに帰属します。※ 記事内容の無断転載、加工、配布、再出版を禁じます。※ このメールは自動で送信しています。このメールに対し、ご返信いただきましても回答できません。

発行元:株式会社 スクウェア・エニックス© 2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

*******************************************ここまで*******************************************

一見すると、本当にそうかなと思う内容ですが、リンクのところで細工が施されていました。

アドレスのところに以下のリンクがタグとして組み込まれていたのです。

 

http://support.na.square-enix.com.szap-svory.usa.cc/account/app/svc/login.html

 

上記のサイトは明らかにフィッシングのために作られたページです。エラーをワザと起こすと中国語が表示されるので、おそらく中国人が仕組んできていると思われます。

スクリプトの中身を見ていくと、次のような部分を多く認めます。

<a class=”showSwkKeyboard” rel=”sqexid(-250,20)” id=”showSwkKeyboard1″ href=”javascript:;” tabindex=”6″ style=”display: block; width: 17px; height: 17px; font-size: 1px; background-image: url(http://support.na.square-enix.com.szap-svory.usa.cc/account/content/swkkey.gif);”></a>

 

support.na.square-enix.com.szap-svory.usa.cc というアドレスについて調べると、以下の情報を得ることができました。

103.200.116.11

管理先URL http://www.nic.cc/

Cocos (keeling) Islands ココス諸島(オーストラリア領)

尚、このブログを書いている間にフィッシングサイトとしての報告がなされており、ブラウザより警告が表示されるようになりました。

 

日曜の朝からお騒がせなメールです。

 

Related posts:

マイ MacBook Retina 12 環境