投稿カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

太陽活動

ブレッドボードでの高周波回路実験は困難を伴う

ディップメーターの設計で苦慮しています。発振回路とPICのマイコンプログラムはスムースに行ったのですが、その間をつなぐ高周波増幅回路でハマっています。そもそも、3Vで動かすということ自体に無理があるのは承知なのですが、こうなった以上はしょうがないのです。

FETやトランジスタなど、様々な種類をとっかえひっかえで挑戦していますが、利得がせいぜい6dBと散々な結果。で、問題点を色々と考えたところ、いろんな原因が考えられました。

エミッター接地では周波数特性が頭打ち。100MHzともなると、トランジスターのミラー効果も無視できない。これは設計でなんとかしないと。そもそも、ブレッドボードで高周波のプロトタイプは無理がある。ネットで調べても、数千KHzの高周波ならブレッドボードでもなんとかなるようで、AMラジオなら問題ないようです。しかし、2MHz超えた辺りから性能が落ちるようです。そこらあたりを実験で確かめた記事は、名古屋大学の古橋武先生の記事(AmazonのKindleで読むことができる)で詳細がかかれています。こんな有用な内容を学生にならずに教えてもらえるなんて、有難いです。(潜りの学生気分)

つまり、トランジスター周りを小さなユニット化でまとめつつ、ブレッドボードの手軽さを両立できないか考えているところです。そんなことをしながら高周波増幅回路を進めていかなくてはなりません。チップトランジスターも多用しているので、そこのところを手軽に使えるように工夫しないといけないです。

あとちょっとのところなんですよ。この制作で得た経験を元に、超小型SDRトランシーバーの制作に活かせるようにしたいです。

Related posts:

No related posts.

ローグ・ワンを観てきた

この手の内容は、私「みなみおそあし」ではなく、キタハヤテさんの専売特許だと思うのですが、たまたま映画館に子供と一緒に観に行ったので、お話したいと思います。

まず何よりも驚いたのが、Dolby 3D digital Cinemaという技術です。3D技術というと、液晶による電子シャッターか、偏光ぐらいしか思いつかなかったので、メガネを渡されて、それ越しにiPhoneを覗いた時の衝撃は言葉になりませんでした。「なんじゃいこれは?!」ですよ。子供が、「どうして立体に見えるのか?」と質問されても、答えられない自分が悔しかったです。

早速調べたところ、RGBの三波長を左右で微妙にずらして用いること、そしてメガネは多重のコーティングを施して微妙にずらした3波長を右と左でうまく分けて通過させることがわかりました。この方式は明るさや導入コストにメリットがあると思いましたが、幅広い色の再現性については厳しいのではないかと感じました。

内容のことについて書いていない? 内容はですね・・・。まあ、エピソード3と4の間を埋める物語なのですが、デス・スターの弱点と設計図の出処は何なのか? そして、エピソード4の10分前までの出来事が明らかになるということぐらいは知っておいて映画見たほうがいいです。懐かしいキャラもいっぱい出てきますし、思わず「ほほう!」と声を出してしまうこと、請け合いです。

フェリシティー・ジョーンズがキュートで可愛いです。大量破壊兵器はやはり残酷で容認できません。PepperよりもK-2SOを自宅に置きたいです。最後は希望が残りますが、自分にとって絶望のほうが大きくて、やるせない気持ちになりました。(なんか、パンドラの箱のような気もしなくはない。) レイア姫とターキンは、個人の意見として不気味の谷を越え切れていない気がした。音楽は、やっぱりJohn Williamsが偉いと思った。でも、今回のマイケル・ジアッチーノの音楽も悪くはなかった。スター・ウォーズは回を重ねるごとに戦闘シーンが残虐になっていくのが辛いです。

いろいろと書くことはありますが、そのうちキタハヤテさんが感想を熱く語ってくれると思いますよ。

Related posts:

No related posts.

今年は年賀状をどこで買いましたか?

去年はあまり報道がありませんでしたが、郵便が民営化してから局員の年賀はがき販売ノルマが熾烈になり、自爆営業が話題となりました。この報道があってから、気安く年賀はがきを買うことができなくなり、年賀状そのものが億劫になってしまいました。

年末年始と仕事をたくさん入れてしまったので、最近は息が詰まるような忙しさです。しかし、私よりも過酷な状況に身を置く人もおり、まだまだこんな事で音を上げてはいけないと思いました。その人は、なんと48時間連続勤務という暴挙にでたのです。ただ、話を聞いたところ、12時間経過したところで同じ話を繰り返しているといった苦情があったようで、やっぱり自分は無理をしなくてよかったと思いました。

なんで年末に仕事を多く入れたのかというと、例のLiFePO4電池の共同購入を進めるためです。じつは、昨年年末には資金の目処がついて電池のまとめ買いができると目論んでいたのですが、出資した資金の精算(回収)が間に合わなかったのです。今年も水耕栽培のポンプを動かさないといけないので、電池はなんとか調達しなくてはなりません。そこで、無理したわけです。今月の終わり頃には共同購入できるよう準備していきます。

Spot溶接機のお問い合わせが多くなり、こちらも嬉しいのです。ですが、残念なお知らせがあります。Spot溶接機の基板がなくなりました。そして、この基板を新たに作る予定はありません。で、嬉しいお知らせです。新たなSpot溶接機を設計しています。新バージョンは、マイコンによる電圧コントロールとスイッチングの制御が特徴です。12V単一電源から12-24Vまでの昇圧回路を内蔵しています。電子制御によるFETのコントロールを行うので、短時間で確実に大電流を流すことができます。有機ELによるステータス表示も行い、とても高機能となります。でも、キットで頒布となります。4000〜5000円と、今までの倍の値段になってしまいますが、とても素晴らしい物になると思います。また、電子工作初心者や電子回路に興味のある方に参考になるように、どうしてこのような設計に至ったのかという読み物も付ける予定です。

Related posts: Horizon Zero Dawn、これ大丈夫かなぁ? Tomb Raider Underworldにハマる 左右にあるウィジェット(というらしい)の配置を変えました

明けましておめでとうございます

昨年は公私共に激動の1年でした。まあ、そんなに悪い年ではなかったかもしれません。今年は、もう少し飛躍したいと思っていますが、毎年同じようなことを考えては挫折しているような気もします。

当ブログは、昨年のあいだに訪れていただいた回数が飛躍的に伸びました。ありがたい話です。今年はもう少し楽しい話題と、オリジナリティーの高い情報を発信できればと考えています。日常生活の中ではすごく面白いことがたくさんあるのですが、ブログにあまり活かせていないと反省しています。物忘れが酷いんですよね。もっとこまめにメモをとって楽しい話題をお伝えしたいと思います。

Related posts:

No related posts.