投稿カレンダー

2018年4月
« 1月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

太陽活動

ピアノ線(硬鋼線)でバネを作る

ピアノ線というのは、硬鋼線の中でも特に厳しい条件をクリアするよう作られたもので、そんなものは一般市場に出回っていません。ホームセンターで売られているピアノ線というのは硬鋼線のことです。

こんなもの、何に使うのかと疑問に思われるでしょう。それもそのはず。一般的な生活でピアノ線が必要になることなど、まずありません。ところが、このピアノ線がホームセンターに普通に売られているのです。というのは需要がある。

ピアノ線はバネの原材料になります。何かに使われていたバネを紛失してしまい、代わりのバネを見つけようと思ってもなかなか見つけられるものではありません。そこで、ピアノ線を用いて任意のバネを作ることになります。ステンレス円柱にこのピアノ線を巻きつけて目的の巻バネを作るのですが、巻いたものをそのまま使ってもバネに粘りがないので曲がったまんまになります。そこで、巻いたあと形状を記憶させるために「焼きもどし」を行います。

鋼鉄に熱を加えて、性質を変化させるものとして、「焼入れ」「焼きなまし」「焼戻し」「焼ならし」というのがあり、それぞれ熱が上がる速度、最高の温度、熱が下がる温度などが違います。また、素材や目的によって温度の条件が異なり、企業秘密となっているようです。

焼戻しは軽く火に炙るだけで完了です。表面が青くなると、熱を加えすぎています。表面が茶色に色づく程度に火で炙り、自然冷却させます。(金属が熱で光って茶色ということではありません。あくまで表面の色が変わる程度です。)

写真は、熱を加えすぎた失敗作です。このような色になる前に熱を加えるのをやめるのか低音で炙らないと、炭素が表面から抜け出てしまい柔らかくなってしまいます。

ところで、本当のピアノ線を買った理由は、チェロのテールピースを固定するためでした。先生より「焼き慣らしをするように。」との指定があり、試行錯誤していたわけです。なかなか、練習の方に力が入らない悪い生徒です。がははは!

Related posts: 東京は暑いです

TELLOが届いた

TELLOが届きました。TELLOとはおもちゃのドローンです。おもちゃと言っても価格が1万円オーバーするのです。

操縦はiPhoneでしています。スクラッチでプログラミングもできるそうです。少し飛ばしました。大きさが小さいので

室内での運用が精神的に良いかもです。それでも良く出来ていて楽しめます。

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJIPhotography

発行DJI

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: スチールブック チェロで何かいいCDがないか探していると・・ ジブリ美術館に行ってきた バッテリー共同購入の進捗状況

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その6

もう一枚、SAMYANG 2.8/14mmとsmc PENTAX-FA 1:2 35mmとの比較写真です。

 

SAMYANG 2.8/14mm

 

smc PENTAX-FA 1:2 35mm

 

 

 

踏切がやや歪んでいます。旅行で建物や自然を撮る、山に登って風景を撮るとなると、広角レンズが適しています。重いレンズなので持ち出すには躊躇するのですが、値段の割にはいい写りなのでお勧めです。

【Amazon.co.jp限定】 SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ペンタックスK用 フルサイズ対応 クリーニングクロスセットPhotography

発行サムヤン

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その2 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その3 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その4 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その5 […]

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その5

SAMYANG 2.8/14mmの写りが気になっている方は多いのではないでしょうか?

樽型歪曲収差と周辺光量不足が気になるところです。そこで、今回は、smc PENTAX-FA 1:2 35mmとの比較を行いました。

 

SAMYANG 2.8/14mm

 

smc PENTAX-FA 1:2 35mm

 

この写真からははっきりとはしませんが、樽型歪曲収差と周辺光量不足はあります。が、14mmのレンズでこれは頑張っている方ではないでしょううか。解像はやや甘い印象です。色収差は少ないので、天体写真にはいいでしょう。

CanonやNikonの方はSAMYANG 2.4/14mmがあり、周辺部も含めて解像度は良好だそうです。お金に余裕があればSIGMA 14mm F1.8 Artという化物レンズがあります。

他方、スイスで設計されているIRIX 15mm F2.4やIRIX 11mm F4は飛び抜けた光学性能はないものの、必要にして十分とのことです。焦点距離11mmはかなり魅力です。また、最短撮影距離も短いので、旅行に適していると考えられます。

【Amazon.co.jp限定】 SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ペンタックスK用 フルサイズ対応 クリーニングクロスセットPhotography

発行サムヤン

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9 SAMYANG […]

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その4

風が強くなりました。

接写リングを使った写真はひとまず終了。このリングは、どのメーカーのカメラにも必ずオプションとして売られています。手持ちのレンズと本体の間にこの接写リングを挿入すると、今までは寄れなかったような近くのものを写すことができます。とても安いアイテムなのに面白い写真が撮れるのでおすすめです。マクロレンズを買うよりも遥かに安く接写できます。今回は35mmのレンズに用いましたが、80mmあたりのレンズで使うとより効果的です。

FA35mm F2 AL F8 1/1250 ISO 800 接写リング使用

(バシュポ) Pixco マクロエクステンションチューブ Pentax K スクリューカメラ対応Photography

発行Pixco

カテゴリーエレクトロニクス

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その2 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その3 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その3

また寒くなり出歩くのが億劫になりました。それに風が強いんですよ。

こうも荒々しい天気だと、星のシーイングにもよろしくなくて・・・。

最近再び3D printerを動かし始めました。Solidoodle 2という、すでに作った会社もあるのだかないのだかわからないやつを大事に修理しながら使っています。3D出力後にアセトン蒸しを行う装置を自作しました。表面がツルツルになるのと同時に溶解して再び結合するので強度が増します。

春は黄色い花が多いのでしょうか?

FA35mm F2 AL F8 1/250 ISO 800 接写リング使用

PENTAX 単焦点レンズ FA35mmF2AL フルサイズ対応 22190Photography

価格¥ 53,486

発行ペンタックス

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その2 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その7

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その2

FA35mm F2 AL F8 1/500 ISO 800 接写リング使用

道端に咲いていた菜の花です。

強い風が吹いたり、暑くなったりと体調管理が大変です。もう少し散歩の距離を増やさないとダメだと思いました。

PENTAX 単焦点レンズ FA35mmF2AL フルサイズ対応 22190Photography

価格¥ 53,486

発行ペンタックス

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: 暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6 スチールブック チェロで何かいいCDがないか探していると・・

暖かくなり、ちょっとぶらぶら その1

PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA 1:2 35mm & SAMYANG 2.8/14mmを持って散歩にでかけました。

K-1はフルサイズなのですが、そのレンズとしてまずは上記の2つを使っていこうというわけです。

FA35mm F2 ALについて少し説明すると、単焦点35mmF2.0というまあまあ明るいレンズです。設計はやや古いですがオートフォーカスで35mm画角をカバーする、PENTAX K-1には貴重な存在です。隠れスターレンズと言われており、似たようなレンズでFA50mm F1.4と比べても、こちらのレンズのほうが細かい描写までできています。

FA35mm F2 AL F8 1/640 ISO 800 接写リング使用

普通の写真をとっても面白くないので、接写で小さな花を大きく撮影してみました。ドット単位で解像していることを考えると、このレンズの優秀さがわかります。安心してK-1に使うことができるでしょう。

PENTAX 単焦点レンズ FA35mmF2AL フルサイズ対応 22190Photography

価格¥ 53,486

発行ペンタックス

カテゴリーCamera

Supported by amazon Product Advertising API

Related posts: SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その2 SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その9

SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その6

SAMYANG 14mm F2.8を旅行で使う その7

Tomb Raider 映画を観る

舞台は卑弥呼の墓がある南海の無人島というのは、新生Tomb Raiderと同じですが、内容はかなりアレンジしています。そりゃ、ゲームと同じ設定で映画を作ったらコストがえらくかかるので、妥当ともいえます。それに、新しいストーリーが楽しめますからね。

いろいろとツッコミどころはあるのですが、歴代のシリーズの中では最も良く出来た作品と言えます。ゲームの体験を思い出すと、もっとアクションシーンがあってもいいと思われるでしょうが、これ以上アクションを入れると、見ている方が疲れます。実際、とても疲れました。それと、今まではファンタジー色が強かったのですが、今回からはかなり現実的なストーリーとなっています。あんまり日本的な表現は無かったなぁ。3Dで作っても良かったと思うのですが、予算の関係でしょうか。そこそこ興行収入が見込めそうな作品に仕上がっているのですが、実際はどうなんでしょうか。

キタハヤテさん、観た?

Related posts: Tomb Raider Underworldにハマる 左右にあるウィジェット(というらしい)の配置を変えました Horizon Zero Dawn、これ大丈夫かなぁ? SteamよりRise of the Tomb Raiderを

レーザーコリメーターはどこまで信頼していいのか?

ニュートン式反射望遠鏡を使うときに必ずついてまわる問題が、「光軸調整」です。斜鏡はめったにずれないですが、重量級の主鏡は振動で簡単にずれてしまいます。光軸調整アイピースでもおおよそ解決しますが、より簡単にかつ精度を高めて調整しようと思うと、レーザーコリメーターを使うことになります。

ところがです。高級なものなら問題ないのでしょうが、安いコリメーターをアイピースに付けてくるくる回すと、あら不思議。主鏡に届くレーザーの位置が変わるではありませんか! そう、コリーメーターのレーザー光自体が斜めに射出されているのです。これでは、正しくコリメートできません。

コリメーターの調整は購入後一度行えばいいのですが、それが結構大変です。方法を簡単に書くと、

1. コリメーターのレーザー射出と反対の方に3箇所接着剤でシールドされているネジがあります。このシールドされた部分をほじくりだし、中にあるネジを締めたり緩めたりして調節します。まずはネジを露出させ、反射式天体望遠鏡の接眼部にセットしましょう。(光軸は合っていなくて大丈夫です。)

2. コリメータを回しては接眼のストッパーを締めて、主鏡に届いたレーザーがどのように変化するか観察しましょう。何度か見ていくうちに、主鏡に届いたレーザー光が円を描くように変化すると思います。(変化しなければ、コリメーターは正しく調整されています。) この、円のように動くのがなくなるように、コリメーターの3箇所のネジを調整しましょう。

慣れない作業ですが、こんなことめったに行わないので、慣れなくていいです。気をつけるのは、コリメーターを回したら、接眼のストッパーをきちんと締めることです。実際接眼レンズを使うときは必ず締めますので、同じ条件のほうがいいです。

 

あとは、ニュートン式反射望遠鏡の光軸を調整するだけです。主鏡の真ん中にレーザー光が届くように斜鏡を調節し、次は反射した光がコリメーターの中心に届くように主鏡の傾きを調整すると光軸調整は完了です。コリメーターさえきちんと調整してれば、コリメーターを用いた光軸調整は1分程度で完了です。 安いので調整する前提なら買って損はないです。

光軸調整 31.7mm径レーザーコリメーター on/off 切り替え タイプ家電

発行B・S・T・R

カテゴリーエレクトロニクス

Supported by amazon Product Advertising API

 

Related posts: チェロで何かいいCDがないか探していると・・ スチールブック ジブリ美術館に行ってきた