投稿カレンダー

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

太陽活動

TESLA model S 自動運転を体験する

 今朝、車のアップデートのお知らせが携帯に届いたので早速インストールしました。1時間半ほどかかりましたが、朝風呂と朝食を食べて、諸々の準備をしたところでアップデートが完了。早速用事を兼ねて関越道を走りました。自動運転ですが、高速道路上では極めて安定しており、今後のバージョンアップが更に楽しみになりました。一応ハンドルに手を載せておく必要がありますが、実際は手に触れなくても完璧な走りです。メーターには周りの車の状況も表示されますが、大型車・小型車の違いがグラフィックでも描写されます。オートバイも車として認識しているようです。以前ハッカーが自動運転車を作ったという話が出た時に、テスラはMobileyeというシステムを採用していると言っていました。恐らく、車の方では人や自転車まで認識はできるのでしょうが、まだそのデーターは利用していないのでしょう。

 テスラの自動運転は、信号のある大きな道路を無人で走ることを目指しているのでしょう。以前書いたように、路地から歩道をまたいで幹線道路に出るといったことは、センサーの特性を考えると無理だと考えます。でも、大きな道路に出てから目的地近くまで自動で運転することは、センサーの種類を考慮すると可能であると考えます。

 高速道路の電光の速度標識もきちんと認識できており、何も表示されないと最高速度100Km/hrと正しく捉えています。日本特有の道路標識も、かなり正確に認識できるようです。しかも、標識の真横を通った瞬間に、標識のアイコンが更新されるようなので、かなり作りこんでいるなという印象を受けました。

 一般道でもレーンを認識しているようですが、やはり高速道路のように常にわかっているわけではないようです。ただ、自動運転の制御は実にエレガントで、車線の真ん中をきっちりとキープして走ります。また、画面上では、周りの車が車線のどの辺りに寄って走っているのかも表示しており、センサーから収集している情報はかなりきめ細かいものだということも判明しました。

 いろいろと書きましたが、目的地にもっとも楽に移動できる車は、現在テスラをおいて他にないのではないかと思います。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>