投稿カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

太陽活動

DP2 quattroについて

SIGMAから6月下旬に発売されるDP2 Quattroですが、まあ、いままで興味なしを貫いてきました。しかし、発売前になりなんだかカメラ業界が騒がしくなって、少し興味が出てきました。

すべての光 第一層センサー

  第二層センサー

   第三層センサー

 

解像度が向上するのが最大の売りですが、気になるのが緑と赤のセンサーが粗くなってしまうこと。デメリットでもありますが、メリットとして、粗くなった(受光面積が大きくなった)ために微弱な光に対する感度が改善し、より正確に検知することができるということです。メリルでの緑と赤センサーは、色の検出を考えると正確さに劣るため、あえて大きくしてより正確な色情報を検出して、青色のセンサー(細かな素子)で色情報を予測するのがきれいな画像を得られるという結論に至ったのでしょう。青色センサーと言っても、実はすべての光を検出しているため、そこから青色を導き出すには赤と緑を引かないとダメなのです。

と言っても、結局緑と赤の情報に関しては間引かれていることに変わりないので、最終出力が気になるところではあります。

このセンサーが採用された理由は他にもあると推測します。昔MSXというコンピューターに採用されていたものですが、色情報より輝度情報を優先することによって、表現できる色の数を増やすということです。人間の目は色の変化より明るさの変化のほうが敏感にわかるという生理現象を利用したものです。

まあ、多分高感度の改善と精細な描写がより進んでいるのでしょうね。

しかし、やはり値段が高いのには変わりないです。購入は来年ぐらいですかね。

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>