投稿カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

太陽活動

ディップメーターのプログラムが、結構大変

 最近「デーモン閣下って何してる人なの?」と聞かれることがあり、もう、色々と説明するのが面倒になったので、「桃太郎電鉄で不幸を撒き散らしている人だよ。」と伝えると、意外とすんなり解ってくれるので良かったと思っています。

 ディップメーターについてですが、先日公開した回路図にはまだ問題がありまして、あのままではうまく動かないところがあります。ポートAに接続しているスイッチはうまく動きません。これは、ソフトウェアでポートAに対してプルアップをかけることを前提に回路を設計していましたが、PIC16F1827ではその機能がポートBにしか無いようです。その他、PIC周りで抵抗値を少し変えないとダメなようです。発振回路の方はあのままでいいと思っています。

 周波数カウントの方ですが、方法としては、TIMER1をカウンターとして用いて、TIMER2の割り込み処理でゲートの開け閉めを行う作戦でアプローチしました。しかし、表示が安定しません。大きくカウントが乱れるのです。色々と調べると、有機ELにデーターを送る(I2C)際に割り込み禁止を行っているらしく、しかもその時間がとてつもなく長いのでカウントが多くなったり、タイミングによっては少なくなったりしているのです。つまり、割り込みでゲートを開け閉めしても正確な時間は得られないことを意味しています。幸いPIC16F1827には自動でゲートを開け閉めするモードがあるようなので、それを使って計測を試みようと思いますが、それでもダメならめんどくさい方法を取らざるを得なくなります。あっさり動くと思ったんですけど、甘かったですね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>