投稿カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

太陽活動

DP1 Quattro について考える

そんなに大げさなことではないのですが、最近のファームウェアで特定の条件での画質の問題が改善されたとのアナウンスが有りました。おそらく青&黄色の問題ではないかと推測します。DPシリーズは、「持ち運べる中判カメラ」と個人的には思っており、どうしても広角側に期待してしまうわけです。先日のフォトキナでDP3 Quattroが発表されると思っていたのですが、レンズ設計を新しくすると言われていたDP1 Quattroを先に発表したのには驚きました。

先ほど書いた色のにじみが購入を躊躇させていたのですが、この問題が解決されたとのことであれば、近いうちに購入を考えたいと思います。当ブログのトップページにあるバナーですが、美ら海水族館のジンベイザメと深海の夜光生物の写真はDP1 Merrillで撮影しています。DP1 Merrillも暗所には弱いと言われていますが、ISO感度を上げることができない弱点はあるものの、長時間露出や明るいレンズを用いることで低いISOのデメリットをカバーしてきれいな写真を撮ることは可能です。Quattroはもう1レベルISO1を上げることができそうなので、撮影できるシチュエーションが増えそうだと期待します。

それとは別にPanasonicからDMC-LX100が発表されました。4/3のレンズ固定式と考えてもいいでしょう。おそらくライカ認定のレンズで、明るいものを出してくると思います。実は、昔からのLXシリーズユーザーで、最近はSIGMAばかり使ってきました。動画撮影がしょぼいのと、暗所が苦手なことから、時々LXシリーズに浮気をしていましたが、最近はサッパリだったのです。ところが、先日発表になったLX100は、4/3の画像素子を使った意欲的なカメラと感じました。新たにマウントを増やすつもりはないので、レンズと本体が一緒になったLX100は魅力的ですね。フラッシュ付いてればよかったのにね。

あと、気になるのはDSC-RX100M3、裏面照射センサーで暗所の感度に関しては申し分ないでしょう。EVFが内蔵されていて、動画も手ぶれ補正で撮れてしまう。レンズも明るい。ボクの好きなZEISSのレンズ。仕様書を見てみると、こちらのほうが魅力的ですね。

結論。金欠なので買えません。

おしまい

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>