投稿カレンダー

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

太陽活動

新幹線大爆破でどっか〜ん

随分昔の映画ですが、「スピード」の元ネタと言えば、この新幹線大爆破。実は、この映画の作成に携わった人が、入院していた時の隣のベットのひとで、(映画のカナリ重要な人物とだけお答えしておきます)次から次へと映画界や芸能関係の偉い人がお見舞いに来ていました。

で、この映画の悪役が高倉健さんという、そりゃズルイよ! というキャスティングで、Wikiにも書いてありますが、ストーリが面白いのでぜひ演じたいというたっての希望というから、やっぱり名俳優は違うなと関心しました。

舞台はもちろん新幹線ですが、犯人との交渉は別の場所で行われています。で、その現金受け渡し場所が埼玉県寄居町という、まあ、こんなところでよくロケをしたものだと思いました。ヘリコプターが着陸するのは秩父鉄道の桜沢駅近くの高校。カインズホームの線路挟んで向かい側じゃ〜。トランシーバのロッカーは寄居駅じゃん! と、映画のシーンが手に取るように分かります。

映画自体は突っ込みどころ満載ですが・・・。海外での評価は高いようです。俳優の演技に関しては、高倉健さんが特に光っておりました。千葉真一は、乗客と一緒に新幹線から降りたほうがいいです。もう、新横浜あたりで降りていいですよ状態。丹波哲郎は、事務所の力関係でねじ込まれたのかなぁ? と、なんだか色々と勘ぐってしまいました。宇津井健は・・・まあまあかな。

特撮に関しては頑張っていたと思います。当時のできる限りの処理を行ったと思いますが、合格点と言えます。ストーリー展開にやや無理があったと思いますが、まあ内容も漫画みたいなものですから・・・。

で、新幹線大爆破といえば、関根勤の宇津井健と千葉真一の一人で二人ものまね。もう、悪意があるとしか思えないような会話。意味ねぇ〜の極みです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>