投稿カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

太陽活動

Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その1 Netatalkまで

Ubuntu 14.04 LTSでサーバーを組み上げて、ようやくキビキビと動くサーバーに仕上げることが出来ました。

ここではUbuntuをインストール後何をやったか、おおまかなことを備忘録としてまとめます。なお、細かなセキュリティーに関しては割愛してあります。

デスクトップを古いタイプに変更

sudo apt-get install gnome-session-flashback

Netatalkインストール

プラスα空間から殆どを引用しています。

sudo apt-get install build-essential libssl-dev libgcrypt11-dev libkrb5-dev libpam0g-dev libwrap0-dev libdb-dev libmysqlclient-dev libavahi-client-dev libacl1-dev libldap2-dev libcrack2-dev systemtap-sdt-dev libdbus-1-dev libdbus-glib-1-dev libglib2.0-dev tracker libtracker-sparql-0.16-dev libtracker-miner-0.16-dev

最後の

libtracker-sparql-0.16-dev libtracker-miner-0.16-dev

のバージョンが違うかもしれない(エラーで確認すること)

バージョンの確認

apt search libtracker-sparql
apt search libtracker-miner

trackerをチェック

dpkg-query -l tracker

Netatalkをダウンロードし、以下のコマンドで解凍

tar xvjf netatalk-3.1.7.tar.bz2
cd netatalk-3.1.7
./configure 
        --with-init-style=debian 
        --with-cracklib 
        --enable-krbV-uam 
        --with-pam-confdir=/etc/pam.d 
        --with-dbus-sysconf-dir=/etc/dbus-1/system.d 
        --with-tracker-pkgconfig-version=0.16

パラメーターの

–with-init-style=debian

のdebianが違うと言われるかもしれない。エラーの指示にしたがって書き換えてください。

make

でコンパイル

./etc/afpd/afpd -V

バージョンを確認

sudo make install

で、インストール完了。

which afpd
afpd -V

これらのコマンドでバイナリがきちんとインストールされているか確認

sudo vi /usr/local/etc/afp.conf

でnetatalkの設定を編集

[Global]
    mac charset = MAC_JAPANESE
[Homes]
    basedir regex = /home
[Test Volume]
    path = /export/test1
[My Time Machine Volume]
    path = /export/timemachine
    time machine = yes
    vol size limit = 512000

これは例ですが、、これを参考に内容を書く。

この例を元に、以下のコマンドをで所有権とアクセス権を変更

sudo mkdir -p /export/test1
sudo chmod 777 /export/test1/
sudo mkdir /export/timemachine
sudo chmod 777 /export/timemachine/

ACLとEA(拡張属性)を有効化するためにfstabを編集

sudo vi /etc/fstab

# /etc/fstab: static file system information.
#
# Use ‘blkid’ to print the universally unique identifier for a
# device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
# that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
#
#
# / was on /dev/sda1 during installation
UUID=oooooooo-oooo-oooo-oooo-oooooooooooo / ext4 defaults,user_xattr,acl,errors=remount-ro 0 1
# swap was on /dev/sda5 during installation
UUID=oooooooo-oooo-oooo-oooo-oooooooooooo none swap sw 0 0

太字の部分を書き加える

sudo mount -o remount /

ファイルシステムをマウントし直す

sudo service avahi-daemon restart
sudo service netatalk start

サービスを起動しなおしました。

init.dに登録して、次回起動した時に自動的にサービスを開始させましょう。

sudo update-rc.d avahi-daemon defaults
sudo update-rc.d netatalk defaults

これらの設定で、Macでのファイル共有やTimemachineが使えるようになります。

次はサーバーとして必要なApache, ssh, mySQL, PHPのインストールとなります。

 

 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>