投稿カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

太陽活動

Ubuntu14.04 LTSでサーバーを作る その2 LAMPの環境

いよいよApache, ssh, mySQL, PHPのインストールとなります。
sudo apt-get update
sudo apt-get install tasksel
sudo tasksel install lamp-server
sudo apt-get install openssh-server
 はい、これでサーバーに必要なアプリのインストールはほぼおしまいです。
apache2 -v
php -v
mysql -v
これらのコマンドでバージョンをチェックしておこう。
/var/wwwフォルダが作られる。ホームページのルートは
/var/www/htmlとなる。ここにindex.htmlを置くと、このサーバにwebブラウザでアクセスした時に真っ先に表示されるわけです。
sshの設定
/etc/ssh/sshd_config を編集することによって、設定を変えることができます。sshはクラッカーにとって絶好の侵入口となります。ポートの変更も含めて、セキュリティーはきちんと行ってください。ネットで調べれば色々と情報があります。
 Apache2の設定
すでにネットで色々と情報があるので、そちらの方を参考にしてください。ただ、あまり載っていなかった情報について記録しておきます。
.htaccessというファイルが有ります。個々の環境においてPHPやapacheの設定を規定するためにおいておくファイルです。このファイルは、/var/www/ のフォルダー内においてください。ただ、置くだけでは動かないです。最近のApacheはデフォルトで.htaccessが機能しないようになっています。

/etc/apache2/apache2.conf の設定内で、

<Directory />
  Options FollowSymLinks
  AllowOverride None
</Directory>
 という部分があります。NoneをOptionsに書き換える必要があります。
ここを設定しないと、Wordpressを動かした時に、写真などの大きなファイルをアップロードすることができなくなってしまいます。
あとはWordpressのインストールになりますね。
これも情報は多いので、なんとかなるでしょう。
mySQLのデーターを移動
dogmap.jpの情報を参考にしました。というか、ほとんどパクっております。
mysqluserとwordpress_dbはそれぞれWordpressでmySQLwo
設定した時に任意に定義したと思うので、それぞれ適宜書き換えてください。
 元のサーバーからmySQLのデーターを抽出する
mysqldump --default-character-set=binary 
 -h localhost -u mysqluser -p wordpress_db > wpdump.sql
 引越し先のMYSQLにデーターを移植する

mysql -u mysqluser -p wordpress_db < mysqldump.sql
後はgoogleで調べればなんとかなることばかりです。くれぐれもセキュリティーには気をつけてください。
それでは、楽しいサーバーのある生活を!

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>