投稿カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

太陽活動

オーディオテクニカのオープン型ヘッドフォン聴き比べ

 とはいっても、聴き比べたのは2機種、値段が7倍近くちがうので、聴く前から結果はわかっています。

 まず、ATH-AD900Xは音楽鑑賞用として評価の高いヘッドフォンです。低音域から高音域まで万遍なく出力してくれるタイプです。よく、ヘッドフォンによる味付けと言われますが、このヘッドホンは逆に味付けを極力なくし、原音に忠実に再生する事を念頭に作られた印象があります。そのため、どの音域を強調するといったことはなく、すべての音域が平等に扱われているという感じを受けました。周波数特性のグラフが見たかったのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。クラッシックの音源だと、ホールに居るのはもちろんのこと、観客の息遣いまで聞こえてしまうほどの細かな音まで忠実に再生しますので、微細なディテールから力強い演奏まで万遍なく聴き取りたい方には最適です。装着感は申し分なく、耳だけに力がかからないよう工夫してあるので、メガネを掛けたまま長時間装着も問題ないでしょう。

 一方、ATH-TAD300は、高音域の再生に若干難があるという印象を受けます。逆に云うと、疲れにくい音を聴かせるという点で、長時間モニターしたりTVの音を聴くというシチュエーションに最適です。つまり、当ブログとしてはアマチュア無線の再生装置として一押ししたいと思います。とにかく値段が安い。この値段でこの音を再生するというのは、かなりのコストパフォーマンスです。装着感も、この値段ではよく頑張っています。外出でちょっと音楽をという時でも全然問題無いです。

 さて、両者を聴き比べたら音の違いは一瞬でわかります。しょうがないですね。1万5000円と2000円の違いですから。ATH-AD2000Xという最上位機種も気になりますが、やっぱりATH-900Xとは雲泥の差があるのでしょうか?

 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>