投稿カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

太陽活動

庭に複数の太陽光パネルを設置

IMG_0136 全部で140Wに及ぶ太陽光パネルを設置し、そのうち一部は持ち運び型の鉛蓄電池の充電に使っています。家に5個あるLong WP20-12 12V24Ahは、順番にローテートして無線の移動運用や自宅でのパソコンと扇風機の電源として用いています。ただ、このように鉛蓄電池で充電して用いるのは極めて効率が悪いので、昼間の屋根に付いている太陽光パネルの売電の時間やコンセントまで距離が遠い場合に使うようにしています。

 当ブログに訪れる方が欲している情報として、無線の移動運用時に用いている電源のことがあります。ガソリンエンジンは強力な電源ですが、騒音と電気的ノイズに悩まされます。やはりQRP運用は良質な電源が得られるバッテリーに限るでしょう。おすすめは台湾のLongというブランドの密封型鉛蓄電池。

このバッテリーを複数用いて、ローテートさせる使い方がスマートかと思います。

FT-857などで50Wのサービスを考えているのであれば、WP45-12で回していくのがいいと思います。このバッテリーなら思う存分交信できます。

あとは、FT-817の内蔵電池として、Windcampというブランドを展開している中国製のリチウムポリマー電池が便利です。アンテナをつないで電源ボタンを押せば、とりあえずはすぐに運用できるからです。時々Yahoo!オークションで見かけます。eBayなどでも度々出品されますので、検討してみてはいかがでしょうか?

荷物を少なくしたいのであれば、リチウムイオン一択しかありません。充電器とセットとなっていたり、様々な容量の電池がオークションなどでお目にかかります。12V5000mAh~10Ahが狙い目でしょう。このクラスの電池でHB-1B MkIIIを運用すれば、コンパクトな装備で快適な運用が十分楽しめます。

 番外となりますが、12V 25Ahというリチウムイオン電池を中国から輸入して使用しています。ここまで容量が大きくなると、無線やパソコンなど、ありとあらゆる用途に用いています。12V5Ahのリチウムイオン電池でFT-817の5W出力を試みましたがダメでした。12V 25Ahでしたら大丈夫です。ただ、中国製の電池は25Ahと書いてあっても、実際は2/3~1/2程度の容量しかないことは心して置いたほうがいいです。

 こういった電池はまとめ買いをすると安くてに入るものです。共同購入など興味がありましたら、右の方に書いてあるメールアドレスに連絡いただければ、タイミングを合わせて購入したいと思います。

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>