投稿カレンダー

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

太陽活動

なぜAmazonでなくヨドバシで買うのか?

 最近のニュースを見ると、通販の王者Amazonにヨドバシが猛追しているとのニュースを目にするようになりました。即日配送と送料無料が効いているのでしょうが、他にもヨドバシを選択する理由があるはずなのに、メディアは誰も取り上げようとしません。何か理由があるのでしょうか?

 最近経験したことですが、キングジムのPomeraにつかうMicroSDカードを購入しようとAmazonを見てみました。扱っている数は圧倒的に多い。同じものが複数見つかったりします。説明書きを見ると、「この商品は、◯◯が販売、発送します。」というのが多いです。Amazonはこの場を提供していますよ、でも、販売者が別にいます、というスタンスです。そして、何か問題があった場合は直接販売者と話し合ってくださいという立場をとっているようです。相場からして安い商品は、評価を見ると悲惨なもので、「すぐ壊れた」「二度と買わない」などといったネガティブな評価が目立ちます。そして、「返品に応じない」といった、売りっぱなしで責任を取らない確信犯的な販売店がAmazonを通じて売りさばいている構図が見えてきます。こんなお店で被害に合う経験をした顧客は、Amazonを信じることができるでしょうか? また、あんなネガティブなコメントを読んだ人は、安心して商品を買うことができるでしょうか?

 個人的な意見ですが、ネガティブな評価が多く偽物を販売する販売店は、Amazonという屋根の下に留まるべきではないと思います。Amazonが強制排除に踏み切るべきなのです。荒療治かもしれませんが、そうでもしないとAmazonの売上は伸び悩み、やがてヨドバシに抜かされてしまうでしょう。なぜなら、ヨドバシは商品に関してすべて自社管理されており、正規の取引先から納入されたものを売っているからです。だから、同じものが複数画面に出てくることはないですし、値段も少々高めです。これは、並行輸入や偽物を扱っていないためと思われます。

 Amazonが急速に規模を拡大できた理由は、Amazonの販売システムの中に小売店を抱き込んでいったというのが大きいでしょう。しかし、小売店はリベートをAmazonに払わなくてはならず、最初にシステムを構築したところが大儲けするという構図が出来上がったように見えます。

 ヨドバシは、家電販売を主軸としていながら実店舗での販売の限界に頭を悩ませていたのでしょう。通販に販路を広げたいが王者Amazonのまえに苦しい戦いを強いられていたと考えます。そこで、流通の徹底的な効率化と時間短縮、そして実販売店ならではの強み、「正規の本物をきちんと売る」という一見当たり前に思える事を地道に積み重ねていったのです。このことが信頼を勝ち取る原動力になり、多少高くても確実なものが手に入るという安心感につながって販売が伸びているのではないかと思うのです。

 で、結局microSDはヨドバシで買いました。データーは大事ですからね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>